アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

フリードってダサくないですか?

2014/02/03

こないだクルマを運転していたら前を走っているクルマのデザインが妙にダサいのに気が付いたのです。そのクルマの名前は「ホンダ フリード」
嫁と「ダサイ!ダサイ!これ買った人は何を見て良いと思ったのだろう?」と車内で話しておりました。

家に帰ってホンダのWebサイトでフリードの情報を見たところ、リアビューの写真が少ない・・・これはホンダ自身もフリードのリアビューがダサい事に気が付いているのではないか!?そういえばテレビCMではリアビューは一切映らないのです。唯一のカットであるチャリを乗せるシーンですらリアハッチが開いていて、リアビュー全体のイメージは掴めないのです。なんだかホンダもブサイクさを自覚しているとしか思えなくなってきました。

まぁホンダのデザインはイマイチ性に合わないのでフリードに限った事でも無いのですが、私なりにフリードについて思う事を書いてみます。

freed1
フロントビューは可も無く不可も無くという感じで、ロゴやらフィットやらシビックやらエリシオンやらをごちゃ混ぜにして平均化したような、悪く言えば没個性、印象が薄い。良く言えばスッキリしたケレン味のないデザインです。何となくメルセデスAシリーズっぽい気もします。このフロントを見てリアのダメさを想像できるでしょうか。

freed2
サイドを見てみるとキャラクターラインが目立ちますが、このキャラクターラインのおかげでノッペリな印象のサイドをスッキリみさせてくれます。しかし下部に流れるフロントタイヤ後端から続くラインがリアフェンダ上部で異様にモッコリして、スッキリ感を出している上部のラインと調和できてない様な印象を受けます。車両後半に向かうにつれて破綻していく様にも感じます。

freed3
そして問題のリアビュー。もうこのイカさなさは何だろう・・・。フロント→サイドと続いた流れをリアで纏められなかった破綻感が湧き上がっています。フィットっぽく纏めればよかった物を、やりっ放しというかナゲヤリというか、やっつけ的な処理をしてしまった感が否めません。

実はフリードのリアをみた時と同じ印象を受けたクルマが過去にありました。三菱の初代ディンゴの縦型ヘッドライトです。アレはフロントビューからキモさ全開で、ある意味で潔さすら感じたのですが自分の中ではキモさの方が上回っていました。
しかし「ブサイクも見慣れれば普通になってくる」様に、今ではディンゴも普通に見れるようになったんですが、さてさてフリードも普通に見えるようになる日が来るのでしょうか・・・

そんな事を考えているとまたもアレなクルマを見てしまいました。アコードです。何ともアメリカ受けしそうなデザインですが日本で売れるのでしょうか・・・売れようと売れまいと私には関係ないのでどうでも良いのですが、「ニッポンを面白い方へ連れて行け」のキャッチフレーズには、つまらない方へ連れて行かれそうで正直付いていきたくは無いです。

インサイトは良い感じです。ホンダで勝手に流行ってるFCX顔がイカさ無いですがそれ以外は好感が持てます。なにより最近デブってるプリウスに代わって5ナンバー枠に収まるハイブリッドと言う点が好感が持てます。発売日の週末には3台も試乗車を目撃しましたのでユーザの注目も高い事がうかがえます。180万のプライスもインパクトがあるのでしょうね。

ハナシは変わるのですが、最近は3列シートが流行りまくってます。もう3列目がなければクルマじゃ無いと言わんばかりです。実際に3列目を常用できるかどうかは微妙だと思うのですが、無いより有る方が良いという感じなんでしょうか。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-クルマ