アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

セレナのCVTについて・・・

2014/02/06

年末ごろにには新型が登場するようで、現行セレナもモデル末期となりました。

さて、最近セレナに乗っていて気付いた事を書きます。
交差点を曲がりアクセルを緩やかに踏み込むと、動きがギクシャクしてしまう事があります。

渋滞中の極低速から緩やかに緩やかにアクセルを踏んで、戻して、再度踏み込むという操作を行っても同じような現象が起こる事があります。

感じ的にはフライバイワイヤのフィードバックのタイムラグ?という感じですが、CVTかもしれませんし、本当の原因はわかりません。

頻繁に起こるわけでもなく同乗者は特に気にならないようですし、運転の仕方を気を付けていれば起こらないのでクルマのクセとして特に問題にはしてません。

さてCVTの話が出たので、少しインプレッションを。
MT車からCVT車への乗り換えだったので、違和感を持つかと思ったのですが全くありませんでした。むしろ普通の有段式ATの方が違和感ありまくりです。

MTの場合はギヤ選択とアクセル開度を複合的に操作して意図する速度で走るワケです。

しかし一方を自動化してしまうATだと「えー!ここで変速すんの!?」とか、ドライバーが意図しない変速に合わせてアクセル開度を調整してあげないとダメな点が気になります。

しかしCVTにはそもそもギヤを選択するという事がないので、アクセル開度だけを考えて走らせる事ができるので私は違和感がないと思ってます。

たとえば・・・有段A/Tだと上り坂でアクセルを一定にしているのに坂がキツくて速度が落ち突然シフトダウンされるという事がありますが、CVTの場合は速度は落ちますが無段階にギヤ比が変化するのでシフトショックを発生させません。また、アクセルの踏みこみ量は同じで定速を維持できるギヤ比に合わせてくれるという感じです。有段ATでも8速とかになるとギヤ比が細かくなって違和感も無くなるかと思います。

エンジンの回転数が比例しないのが気持ち悪いと思う方も居られる様ですが、私は全然気にならないです。
そもそも車を走らせる時にアクセルで調整するのはエンジンの回転数ではなく意図した速度で走る為のエンジン出力です。どのギヤで走ろうが、エンジンが何回転していようが関係ありません。意図するのは速度。速度をコントロールする為に、アクセルでエンジン出力をコントロールするのですよ。だから全然気にならない。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-クルマ, セレナ