アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

起動しないPCからのデータ救出

ヨメの同僚宅のPCが起動しなくなったとの事でサポート要請が来ました。機種は東芝 REGZA PC D712/V7GGというやつらしいです。
IMG_4789

電源を投入してみたところ、「自動修復→修復できませんでした」を繰り返してしまいデスクトップまで辿り着けない状態です。ってかWindows8は殆ど触ったことないんですが!!

データ救出

HDDの物理故障かNTFSの論理障害か・・・今のところ原因はわかりませんが、まずは定番のチェックディスク。いやまて。もし物理障害の場合はHDDにトドメを刺す可能性が非常に高いので、動いているうちに中のデータを救出します。

Windows8は殆ど触ってないので当然障害対応もやった事ありませんが、自動修復の詳細オプションでコマンドプロンプトが使える事が分かりました。その他にも色々出来そうです。コマンドではrobocopyが使えるようなので、USB HDDを接続してOwnerフォルダ配下のデータを吸い出す事にしました。この時点でUSBを認識するのは非常に便利ですね。

ってかコイツBIOSじゃなくてUEFIのマシンなんですね。触ったことねーわ。

パスがおかしい・・・

Windows8だろうとUEFIだろうとやる事は同じです。バシっとrobocopyでデータを抜きます。
流れていくプロンプトを見ていると何だかヘンです。Application Data フォルダ潜りすぎです。う~ん、ジャンクションをループさせてしまっているのかな?
IMG_4788

吸い上がったデータを確認

吸い上がったデータを見たところ、上記のとおりフォルダ構造は異常ですが成功しました。他にもDocumentsフォルダが複数あったり、Documents内にあるVideosフォルダがルートにもあったり、、、と、パスが色んなところでループしている様に見えます。なので同じデータを何度もコピーする羽目になって吸い上げに時間を食った様です。

Robocopyは走り切った、パスがおかしい所が多数、という事からディスクの物理障害よりもファイルシステム障害の可能性が高そうです。となればチェックディスクで修復できる可能性もありますね。

っつかルート上に同名のDocumentsフォルダが2つあるとか、どうなってるんでしょうね?

つづく・・・

とりあえず一発目の吸出しが終わったので、他にデータの吸い漏れが無いか確認して復旧作業に取り掛かりたいと思います。
その後はチェックディスク、ダメならスッキリとリカバリってところですかね。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-パソコン関連