アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

完走しました!「2014淡路島ロングライド150」

昨日行われた「2014淡路島ロングライド150」に参加して無事に完走する事が出来ました。
今回が初めてのイベント参加でしかもアワイチも初めて。更にいうと100kmを超えるロングライドも初めて。
IMG_5365

計測結果

【CATEYE Cycling
総距離:147.61km
トリップタイム:8時間38分55秒
平均速度:23.3Km/h
登坂高度:3762m
走行時間:6時間49分18秒
消費カロリー:2664Kcal

Cyclemeter
総距離:148.45km
バイクタイム:6時間2分17秒
停止時間:2時間22分50秒
平均速度:24.59Km/h
登り:1769m
降り:1793m
カロリー:4356Kcal

カロリーの算出に大きな差がありますが気にしない。気になるのは停止時間に40分の差がある事ですね。
CyclemeterはセンサーGPSのみ、CATEYE Cyclingはセンサーありなのでその点の違いなのでしょう。

感想

感想としては個人でアワイチを走ろうと思ったら結構しんどそうだなと言う事が分かりました。
イベントの場合は車列に混じって走る事で体力を温存したり、エイドステーションで充分な補給を受けられたりするのはとてもメリットがあると感じました。
終盤は「もう二度と走るかボケ」と思いましたが、走り切ったら「また参加したい」と思いましたね。

足を攣る・・・

距離が100kmを過ぎたあたりで右足の大腿二頭筋がつってしまいました。南淡の峠群を無事に通過し96kmにある慶野松原ASで充分な補給を受けた直後でした。おそらくここまでの給水が足りていなかったのでしょう。また峠をクリア出来たことで気が緩んだのかもしれません。

思い出してみたら慶野松原までで摂取した水分が2800ml程度。そのうちスポーツドリンクはスタート時に投入した500mlだけ。残りの2300mlはただの水かお茶です。水分そのものも足りていない様ですしミネラル等の補給も追いついていない状態だったと考えられます。
700mlのボトル2本を装備していたのでエイドステーションで2本とも空になる程度に給水する様にすべきでした。
エイドステーションが設けられているイベントでさえこの調子なのですから、単独でロングライドを実践しようとするともっと補給が疎かになると考えられますので、これからは注意したいですね。

幸い症状は軽く、ストレッチしながら休憩したら回復したので続行しました。

車列

車列を組んで走るのも体力温存に効果的なのですが、車列が自分のペースより遅いと感じると逆にフラストレーションが溜まって抜きたくなります。
公道なので自動車などの後続に迷惑が掛からない様にと考え、一気に加速して追い抜く様に心掛けているのですが、これが無駄に体力を使います。運よく後ろから速い車列が来て追い抜いてくれると自分もケツにくっついて引っ張ってもらえば良いのですが、その様な車列は巡航するには速過ぎるので付いていけずにいずれ引き離されてしまいます。

ロングライドも終盤に差し掛かりアシもやってしまったので単独で走ると22km/hくらいで巡航するのが精いっぱいという頃、後ろから審判車が先導する車列が来てくれました。25km/h程度となかなか気持ちの良いペースで、しかも速度維持ではなく出力を維持して走ってくれるのです。さすが審判さん!!最終の田賀の浜ASまでの十キロ程度お世話になりました。

田賀の浜で少しストレッチをして脚も復活しゴールまでは25~30km/h程度での巡航を心がけ、途中で地元の中学生を車列に加えつつ一気に走り切りました。

目標達成・・・一応ね。

当初の目標が「AS以外で自転車から降りない」だったので風景写真などは一切撮影せず。結局足がつった時と自販機での給水のため降りてしまったのですが、それ以外は目標を達成しました。来年も参加するならこの目標を完遂したいと思います。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-自転車