アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

三菱掃除機 風神「TC-ZK20S」を買ったのでレビュー

2014/02/07

今まで使用していた掃除機がけたたましい騒音を立てるのに、大した仕事をしなくなってきて「ぼちぼち壊れるかも」という雰囲気を醸し出しているので年末に掃除機を買い替える事にしました。

巷ではサイクロンが流行っていますが、サイクロン部分とフィルターの掃除がクソ面倒なのが欠点です。サイクロンといえど小さな埃は分離しきれないので、フィルターでろ過するのですが、このフィルターが直ぐに目詰まりしやがるのですよ。

国産の掃除機の中にはフィルターを自動掃除してくれる物があるのですが、この機構(フィルターを突起物で「カチカチ」叩く)が数十年間の布フィルター式掃除機と全く同じという、技術の退化としか思えないような物があります。そんなモノをわざわざお金を出して買うなんて考えられません。

やっぱり溜まったゴミは袋ごと捨てられる紙袋タイプの掃除機が便利だし、袋を換えれば排気もきれい。サイクロンは「吸引力が落ちない」とか言うてますが、それはゴミをちゃんと捨てた場合。袋タイプだって袋を定期的に換えれば吸引力は変わらないワケですよ。結局、「吸引力が落ちない」というのはユーザのメンテナンス頻度に頼ったお話なワケです。

とまぁ、そんな感じで袋タイプを候補に選考していたのですが、そんな時に三菱電機の風神を見つけました。

三菱 TC-ZK20S-R サイクロンクリーナー (ルビーレッド)
三菱 TC-ZK20S-R サイクロンクリーナー (ルビーレッド)

ダイソン以外では皆無のゴミのろ過にフィルターを使わないサイクロン掃除機との事。サイクロン掃除機で一番気に食わなかった「昔の掃除機と同じ機構のフィルター」が無いという事で、風神が最有力候補となり、そのまま購入しました。という事で、以下にレビューを書きます。

レビュー

■サイクロン機構
風神はサイクロン部の水洗いが可能です。逆にダイソンはサイクロン部の洗浄が出来ない仕組みなので、これはかなり好印象です。遠心分離機構に細かいチリが付着するのは分っている事なので、これが洗えるか洗えないかは大きな違いと思っていました。

Photo0276

 

■ブラシ
ブラシが電動ではなく「エアエンジンブラシ」と名付けられた吸引力で動くタービンブラシです。それまで使用していた掃除機もタービンブラシでしたが全く使い物にならないブラシでした。しかし、TC-ZK20Sのタービンブラシはかなりパワフルで、毛足の長い絨毯でも楽勝で回ってくれます。

しかもブラシに巻き付いた毛や埃は一撃で取れます。ほとんどのメーカーのブラシでは巻き付いた毛を取り除くのに物凄い苦労するのですが、風神ではブラシを引き抜くだけで毛を除去できます。毛の長いペットを飼っている方には非常に便利な機能だと思います。

Photo0278

 

■吸引力
スペック上では吸引仕事率が250Wとなっているので他社の同等クラスと比較して低い値になっていますが、実際には必要十分。と言うか、他社の数値が誇大表現では無いかと疑うくらいで、同じく真正サイクロンのダイソンでは出来ない吸引力です。

Photo0279

 

■音
価格.comでは爆音と言われていますが、私にとっては普通の掃除機レベルですし、数年前の掃除機と比べれば随分と静かです。これまで使っていた掃除機が壊れかけて近くで会話できない程の爆音を炸裂させていたので逆に静かと感じています。

 

とまぁ、しばらく使ってみて非常に満足している掃除機です。ただ残念な点は、掃除機本体を斜めにして使えないという事です。サイクロンの構造上水平でしか使用できないので、たとえば本体を手に持って高い所を掃除すると言うような使い方が出来ません。なので、階段の掃除等には使えないと思います。
幸いウチは平屋なので階段は無いですし、高い所の掃除はハンディタイプの掃除機を使えば良いので問題ありません。と言うわけでレビューでした。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-家電、デジモノ, 家電関連