アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

高機能サイクルコンピューターの発表が相次ぐ、Acer「Xplova X5」、Giant「NEOS SYNC」

ここ数日で高機能サイコンの発表が2件あったので自分用にまとめます。

まずはAcerの「Xplova X5」から

engadget

http://japanese.engadget.com/2016/04/25/gps-xplova-x5/

自転車の走行速度や心拍数、出力、ケイデンス(1分間あたりのクランクの回転数)などを1画面内に見やすく表示してくれます。また、内蔵GPSを使い、ディスプレイ上に地図とともに現在地情報を表示できるうえ、ナビ機能も備えています。

現段階では価格や発売時期と地域など詳細は不明ながら、ナビ機能を備えている点が嬉しいです。普段は土地勘のあるところばかり走っていますが、遠出するとナビはあった方が良いと感じています。

内臓の3Gデータ通信でSNSへアップロードするのもOK

データ通信機能を備えているのはうれしいのですが、この為にデータ通信を契約するのはアホらしい。スマホのテザリングを使えば良いのでWi-fiのみモデルもあれば良いなと思います。

次はGiant「NEOS SYNC」

cyclowired

http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/196879

サイコンとアプリを連携すると、アプリによって計測された走行データがサイコン上に表示される。データ計測とライドがスマホをジャージのポケットに入れたまま可能となった。また、連携中は携帯電話の着信も通知してくれる。

あれ?高機能かと思ったら今もっているCAT EYE CC-RD500Bと機能的には変わらないですね。同時に表示できる項目数とバックライトの有無、あと大きな違いはUSB充電ができるかどうかですね。CC-RD500Bはコイン型電池で、使い方にもよりますが1か月持つか持たないかなので地味に維持コストが気になります。

 

ナビ機能がある分Xplova X5の方が使いやすい様な気がしますがお値段が高そう。私はしばらくCC-RD500Bで我慢です。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-自転車