アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

自動車はモデルチェンジの度に大型化していく運命なのだ

2014/02/07

GIZMODOで「そろそろ車のデザインを進化させなきゃ...なぜかコンパクトさが失われているらしい問題を考えてみた!」と言う記事があったので読んだ感想を・・・
要約すると同じ車種でもモデルチェンジをするごとに大型化しているクルマが多いと言う内容です。昔からそうですし、それは自然な流れだと思います。

1.小さい車を作る

2.「もう少しラゲッジスペースが欲しい」と言うユーザーニーズを組み込む

3.肥大化する

4.肥大化した車種の穴を埋めるために新しいコンパクトカーか登場する

と言うルーチンを繰り返すからではないだろうか・・・

2.の部分でユーザーニーズだけではなく「もう少し高級感を」とか「安全基準を満たす」とか、様々な要素が取り込まれる事によって大型化していくのだろうと思います。そしてユーザー自身の高齢化に合わせて車も高級化、大型化していく。マーク2やクラウンなんかが良い例じゃないでしょうか。

一度大きくなると原点回帰してスリム化する事が難しくなる。それはせっかく高級な雰囲気を纏ったブランドが再度チープ化してしまうのを恐れるからではないでしょうか。既存ユーザーを守るためにも車格を落とすわけにはいかないってのもあるでしょう。

ならばコンポーネントを流用して廉価車種を立ち上げるほうが、ビジネス的に安全。もし市場に受け入れられなければ、新車種を捨てればよいだけで既存ブランドは守られるワケですから。

そうやってクルマは大型化していく・・・ごく自然な事なんです、きっと。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-クルマ