アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

2016 淡路島ロングライド 150 完走しました

2017/08/21

2016年9月19日に開催された淡路島ロングライド150に参加して完走を果たしました。
台風16号の襲来で悪天候も予想されていましたが、当日は小雨(時に豪雨)に遭いながらもほぼ曇りの中で気温的にも涼しく快適に走ることが出来ました。体力的には2年前の初参加時よりも楽でしたが足がつるなどのマイナーなトラブルに遭いつつ完走出来た感じです。以下に詳細レポートを書いてみます。

ゼッケン取得

エントリーすると開催2週間前くらいに参加者向けの説明書とゼッケンの引換書が届きます。この引換書とゼッケンを交換する必要があるのですが、大会前日にしかゼッケンの受け取りが出来ないシステムのため、何としても前日に淡路島入りする必要があります。
2年前の参加時は前日夕方から淡路島に入り、テントで野宿する事でゼッケンを受け取り翌朝スタートする事が出来たのですが、今年は台風の襲来で実施が危ぶまれており現地泊しても中止になる可能性と、暴風雨の中で野宿する危険性を考え前日の日中にゼッケンを受け取りに行く事にしました。
小2と5歳の子供を引き連れJRと高速バスを乗り継ぎ現地まで行き、ゼッケンをゲット。「お腹すいた~」攻撃を食らってタコ焼きやら何やらを買わされ、また帰路につきました。同じように前日にゼッケンだけを受け取りに来た人もいて往復共に同じ高速バスに乗り合わせました。

当日朝の出発

エントリーした時の想定では、テント野宿→開場前に並ぶ→集団の最前線でスタート、という考えでいたので、カテゴリーA(概ね8時間で完走できる人向け)で登録しました。
しかし上記のとおり野宿プランは中止し、朝イチのジェノバラインで淡路島入りする事にしました。
自宅でしっかり寝られる反面、今回のような悪天候の場合は船が欠航となるリスクもあります。(欠航になる程の悪天候の場合は棄権します)また、カテゴリーAのスタートは5:45~6:20ですが、ジェノバラインの明石始発は6:30なのでこの時点で遅刻確定となり、最悪の場合は運営から出走不可の判断が下される可能性もあります。
しかし野宿の場合は大会が中止になったら雨の中参加できずにさみしく帰宅(船も欠航するかも)となる可能性がありますが、自宅から出発の場合はノーリスクです。
さて当日。午前4時に大会決行のアナウンスがホームページに掲載された事を確認し、まずは自宅を午前5時過ぎに出発してタラタラと明石を目指します。ここで脚を使っては一日走れないので、いつもよりゆっくり目でペダルを回します。すると塩屋あたりでゲリラ豪雨に遭い全身ビチョ濡れとなり、明石に到着するころには既に一日走り切ったくらいの満身創痍感が漂っていました。

淡路入り

ジェノバラインの所要時間は13分、下船にかかる時間を含めると20分弱と計算して、淡路到着は6時50分頃と予想。カテゴリーBのスタート締め切りは7:15なので余裕でスタートには間に合いそうです。
下船後まずは第1コンビニのファミマに寄っておにぎりとスポーツドリンク、エネルギーバー2本をゲットしました。朝ごはん抜きだったのでここでおにぎりをモグモグ食べて出発!と言うときに体に立てかけていたバイクがコケてハンドルが右足を削り擦り傷を負いました。
気を取り直して走り出すも何だか違和感が・・・この転倒でハンドルセンターがズレてしまった様です。人もバイクもスタート前からダメージを負ってしまうグダグダ感が最悪です。

スタート→第1AS(30Km)

7時7分にスタートラインに到着。締め切り8分前なので人も疎らです。
カテAの赤ゼッケンをつけて締め切り間際にスタート位置に着くと「カテゴリーAは締め切りました」とか言われるかと思いましたが、何も言われず普通にスタート出来ました。人がまばら過ぎて一緒にスタートしたのは青ゼッケンを付けたカテBの方一人だけ。審判さんが2名先行して私たちを引っ張ってくれる様です。
おととし参加した時も感じましたが、審判さんが引いてくれるととてもラクです。平地で25~28km/hくらいの出力で、坂は同じ出力を維持したまま速度を落とすイメージ走ってくれます。少し遅いかな?と感じるのは引っ張られてラクしているからで、単独で同じペースで走るったら一日は走り切れないと思います。と言う事で第1エイドステーションまでの30キロは、のんびりマッタリと脚を使わず走りました。途中で青ゼッケン集団に追いつき8時20分に洲本港ASに到着しました。

第1AS→第2AS(29.4Km)

トイレを済ませ、給水して豚汁とドーナツ食べて、補給食の羊羹をゲットして出発しようとした時に第1AS制限時間20分前のアナウンスが入りました。
するとみなさん一斉に再スタートに入り信号前で大渋滞に、、、遅めにスタートすると渋滞にハマる様なので注意が必要です。
洲本港を出発すると程なくして立川水仙郷のヒルクライム区間に入りますので、平地のうちに気合を入れます。峠に入ると赤ゼッケンの人がちらほら見える様になってきたので、カテゴリーAの集団からはぐれた人たちには追いついた様です。
坂区間ではRacing3+ユッチンソンAtomを投入したことが効いているのか、前回参加時に比べて随分ラクに坂を登ることが出来ました。
序盤からいきなり激坂という山場を持ってきて更に追い打ちをかける再度山に比べると、ここは距離も斜度もマシなので鼻歌混じりとまでは行きませんが余裕で登りきる事が出来ました。
下り区間は次の登りに備えて極力速度を殺したくなかったのでコーナーもグイグイ倒して走りました。ニュータイヤでどれくらいグリップするか心配でしたが、エア圧を6.5~7barにしているので路面をガッチリ掴んでくれるのか、はたまたコンパウンドの力なのかは分かりませんが、少なくともPanaのCroser Plus以上のグリップは有る様な気がしました。
峠を下り南淡路水仙ラインでは、35km/hくらいで走る集団の尻に勝手にくっついて快走出来ましたが、途中で現われた座礁した大きなクレーン船に見とれている間に千切れてしまい、あとはのんびり25km/hくらいで流して第2ASに到着しました。

第2AS→第3AS(37.4Km)

第2ASから第3ASは最長区間距離となる37.4kmです。普段の脚ならなんてこと無い距離ですが、水仙郷の峠で脚を使っているにも関わらず、この37.4kmの間に峠越えが3か所という地味に難所となっています。無事にクリアするには第2ASでどれだけ補給できるかに掛かっているワケですが、第1ASで豚汁とドーナツを食べて満腹。水仙ラインの平地巡航でちょっと胃酸すら上がってくるくらい消化できていなかったので、バナナ半分だけしか食えませんでした。
煉り羊羹やらエネルギーバーはまだまだ持っていますし水分だけ補給しておけば問題ないだろうと考え、ASで水補給と近くの自販でスポーツドリンクを補給しました。前回攣ってしまったハムストリングのストレッチも入念に。
と、峠に向けて万端に整えたつもりでしたが、やっぱりハムストリングが攣りましたw 今回は攣り切る前にバイクから降りてギリギリのところで回避したので動けなくなる程のダメージは負いませんでしたが、脚を伸ばしつつ徒歩で坂を登る羽目になりました。途中で通り雨に見舞われたりしながら第3ASまで辿り着きました。

第3AS→第4AS(18.9Km)

ほぼ平坦にもかかわらず最短区間距離なので余裕!と言いながら台風の影響による向かい風を受け続けたためか、また1回脚を攣りかけました。先の峠で左右1回ずつやっていますので、これで今大会3回目。今後の課題として重くのしかかります。
最終の第4ASでは砂浜に出られるようになっていたので裸足で海に入り少しリフレッシュして再スタートを切りました。

第4AS→ゴール

もうすぐゴール・・・という所で高速道路の横を通る道が登りになっています。普段ならどうと言う事のないダラダラした坂ですが疲れた脚には地獄の坂に感じます。
しかし前回参加時には凄いキツかった覚えがあるのですが、今回は脚は残っていないものの鼻歌混じりレベルで登る事が出来ました。
最後は集団渋滞のままゴール。

ゴールは帰路へのスタートです

完走証明を受け取りろくに休憩もせずにまたバイクに跨り次はジェノバのりばへ向かいます。ゴールしたらそこが出発点。自宅まではあと20キロ残されています。明石からシッカリした雨に降られながら自宅に到着。合計190キロ、8時間49分自転車に乗り続けました。
01e4ef61e9de41439327e5278b7cae93bbda00ec39

まとめ

今回で2回目となるアワイチでしたが、前回に比べて脚つり回数は増えましたが全体的には余裕をもって走る事が出来ました。前回はとにかく坂がキツかった印象でしたが、どの坂も前回よりラクに感じました。
今回はカテゴリAで参加しましたが、次回参加する時はスタート時間がのんびりなカテゴリBで登録しようと思います。カテゴリーBの方がスタート時間に余裕がありますしレベル的にもBで充分と感じました。というよりカテゴリーAの基準となっている「8時間程度で完走できるレベル」というのは自己申告なので、カテゴリーBの中にも剛脚が沢山いて、ABの区分は単に出走時間を分ける意味しか無いと感じました。
あと自前の補給食は塩気の多いものも入れた方が良さそうな気がしました。各ASには糖分が摂れる様に甘いものは準備されていますが、汗をかくと不足するミネラル系の補給が少ないです。おにぎりは各ASでゲット出来るようなので、梅干しを持参すると美味しく塩分補給が出来るかと思います。
01dcfba37c541bc5e8823f7b87544cc35c616b9a72

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-自転車