アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

私はコレでPressFit BB30をヤメました その2

前回の続きです
公私ともに忙しくなかなかブログをアップできませんでした。

アダプターの取り外し

プレスフィットBBを取り外す際は通常ならBBリムーバーという工具を利用するのですが、残念ながら手元にはありません。

グランジ プレスフィットB.B.リムーバー
BBリムーバーとはこの様に先に切り込みがあり先の広がった筒状の工具です。BBシェルに差し込み、プレスフィットBBに工具の広がった方をあてがいハンマーで叩く事でBBを取り外します。
今回の作業でBBリムーバーを買おうかと思いましたが、プレスフィットBBを取り外した後はもう二度とプレスフィットには戻らない改造を行うので、一回しか使わないのに工具を買うのはモッタイナイです。そんなワケで私が使ったツールがコレ

工具箱に入っていたエクステンションバーw
これをBBシェルに突っ込みプレスフィットBBのフチに当てて叩きだしました。少しずつ叩く場所を変えて数mmずつ抜いていけば、わざわざ1回限りの作業のために専用工具など買わずにBBの取り外しが可能です。真似しても良いですが自己責任でよろしく。

FSA PF30アダプターの取り付け

いよいよPF30アダプターを取り付けます。
アダプターは接着してしまうので、下準備としてPF30アダプターとBBシェル内を綺麗に掃除してメタノールで入念に脱脂しておきます。中に入り込んだ砂利などで圧入時にカジリついてしまうのを防止する意味もあります。

img_9885さっそくアダプターを挿入していきます。アダプターにはL/Rの記載がありますので間違わずに。

この作業で使った工具は昔ヤフオクで買った簡易型ヘッドパーツ圧入工具。
IMG_8516こいつを使ってPF30アダプターが斜めにならないように(と言うか斜めになるので補正しながら)慎重に挿入しました。
一度取り付けたら二度と抜けないと思うくらいキツいですが、逆に異音が出てしまう可能性は全く無さそうです。

新品のPF30アダプターを購入した場合はロックタイトのはめ合い用接着剤が付いてくるそうですが、今回は中古購入なので代わりにロックタイトの超強力ネジロック剤(赤)で代用しました。
img_9888こんな感じで塗り塗りしながら圧入完了!!
img_9889作業の途中でかなり斜めに入ってしまいPF30アダプターとBBシェルがカジりそうになって焦りましたが、力を加える方向を変えて何とか綺麗に嵌りました!!

次回はBB取り付けとインプレッションです。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-DIY, 自転車