アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

冬のロードバイクとスノーボードに最適なインナーは何だ?

ここ数年でユニクロのヒートテックに代表される温かい下着が認知され世間で流行っています。
ヒートテックは安いし、温かいし、洗濯し倒しても傷みにくいので普通の日常生活での使用には適していますが、スポーツをする時に着るものではないというのはご存知でしょうか。これ、冬場も運動する人の常識となりつつあります。
ここでは主にヒートテックを話題にしていますが、各メーカーが日用品として販売している「あたたか系インナー」はほぼ全てが当てはまると思います。

なぜ日用品のインナーウェアがスポーツに適さないか

日用品として売られている「あたたか系インナー」は大量に汗をかく様なスポーツには全く適していません。スポーツ用のインナーと比較した際の最大の違いは汗の扱いです。
ヒートテックも「吸放湿」を売りにしていますが、それは日常生活における代謝を想定した蒸れを防ぐためのもので、スポーツ時の汗には放湿が間に合わずインナー自体が濡れてしまいます。濡れたインナーは冷やされ身体からどんどん熱を奪います。
激しく運動している時には身体の発熱も激しく熱を奪われても気になりませんが、運動量が下がり体の発熱が収まると濡れたインナーが肌に触れる事で一気に冷えが襲ってきます。
これが汗冷え。

汗冷えのメカニズム

ロードバイクの場合

ロードバイクの場合はヒルクライムやアタックの際に運動量が増加し身体が発熱しどんどん汗が出ます。インナーは汗を吸って濡れ、濡れたインナーは走行風で冷やされます。冷えたインナーが体に触れる事で体は冷えますが、激しい運動中はむしろ冷えてくれた方が助かります。
やがてヒルクライムが終われば坂を下り、アタックが終われば脚を休めるわけですが、その際には運動量が低下し体温が下がり発汗も収まります。しかし汗を吸って濡れたインナーは走行風によってさらに冷やされ、吸った汗が乾く際の気化熱でも冷やされます。インナーはどんどん冷えるのに体からの発熱は収まっているので冷えすぎてしまいます。
このままずっと冷え続けると血流が悪くなり身体の末端から冷えてきます。やがて指先がかじかみブレーキを握れなくなり、路肩から出てきた動物を轢く事故を起こします。これは言い過ぎかもしれませんが、風邪をひく可能性は十分にあります。

スキー・スノーボードの場合

スノーボードやスキーなどのウィンタースポーツの場合は、リフトを降り滑走すると運動量が増加し汗をかきます。
グラトリ系なら運動量は多い割にスピードが出ないので汗をかき、カービング系なら高いGに負けないように常に筋肉は緊張し発熱します。初心者の場合は”コケる→立つ→コケる”の繰り返しで、なかなか前に進まないのに運動量だけは異常に高い状態になります。
そしてリフトに乗るわけですが、この際に運動量が低下し汗冷えが来ます。天気の良い日には余り気にならないかもしれませんが、吹雪の時のリフトだとマジで死ぬかと思います。乗ったリフトが気温が更に低い山頂リフトだったらもっと最悪です。
一度冷えた身体が再び温まり活動できる状態になるまでには時間がかかりますし、何だったら寒さで戦意喪失して動けない状態になるかもしれません。
キッカー待ちの行列でやっと順番が回ってきた頃には体が冷え切ってしまい、ここ一番のパフォーマンスが出来ないなんて事もあるでしょう。

ロードバイク、スノーボードそれぞれに言えますが、ただ動けないだけなら良いですが、身体が冷えた状態から運動を始めると無用な怪我や事故を誘発する恐れもあります。

スポーツ用ウェアの考え方は「レイヤリング」

冬でも汗をかくスポーツ。とりわけ運動量の増減が激しいスポーツのウェアにはレイヤリングと言う考え方があります。
肌に近い層をカッコ良くファーストレイヤーと呼びますが、まぁ日本語で言うと肌着です。ファーストレイヤーで肌から汗を吸い取り、吸い取った汗を2層目のセカンドレイヤーに渡し拡散させます。3層目は外からの寒さをシャットアウトするためのアウターとなります。
汗冷えを防ぐためには特にファーストレイヤーが一番重要で、逆にファーストレイヤーさえしっかり押さえていれば冬のスポーツはかなり快適になります。

モンベル ジオライン

ウインタースポーツでとても重要なファーストレイヤーですが、ロードバイク歴3年、スキー/スノーボード歴25年の私がおすすめするファーストレイヤーはモンベルのジオラインです。

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107486 BK ブラック L (モンベル)mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107486 BK ブラック L

mont-bell(モンベル)

Amazonで詳しく見る by AZlink

ジオラインに出会うまでは適当な純綿のTシャツに始まり、化繊のアンダーウェアや、それこそヒートテックを着てスノーボードをしていました。しかしそれでは寒くて冷たくて、楽しさも半減という感じでした。
しかし十数年前にアンダーウェアをジオラインに変えてからは雪山で寒いと思う事が無くなりました。スノーボードやスキーではアウターの防水防風性能が高いので、セカンドレイヤーには空気層を作れることと濡れにくい事に注意すれば、適当なフリースを着るだけで十分に温かいです。
必要に応じてフリースの厚さを変えたりしますが、基本的にこの装備で信州エリアのクソ寒い吹雪の中も活動可能です。

ちなみにグローブはミズノのブレスサーモ、ソックスはディーラックスのサーモソックスです。

(ミズノ)MIZUNO ゴアテックス ブレスサーモグラブ [ユニセックス] A2JY5501 09 ブラック S (ミズノ)MIZUNO ゴアテックス ブレスサーモグラブ [ユニセックス] A2JY5501 09 ブラック S

MIZUNO

Amazonで詳しく見る by AZlink

DEELUXE(ディーラックス) THERMO SOCKS(サーモソックス) 0DELX-7014-0003 MIX(ミックス) S DEELUXE(ディーラックス) THERMO SOCKS(サーモソックス) 0DELX-7014-0003 MIX(ミックス) S

DEELUXE(ディーラックス)

Amazonで詳しく見る by AZlink

そんな快適なジオラインですが、実はスポーツだけではなく普段着のインナーとしても使っています。

朝起きて室温5度の中での着替え・・・
布団から出て寒いのに上半身裸になりヒートテックを着る。
着た瞬間の冷たさで一瞬ヒヤッとしたまま急いでシャツとセーターを着て、やっと寒さから解放される。

しかしジオラインの場合は
布団から出て寒いのに上半身裸になりヒートテックを着る。
着た瞬間の冷たさから2秒後には温かく感じ、ゆっくりシャツを着てそのまま支度を整える。

というくらいの違いで、セーターは着なくてもアウターを羽織れば外に出られる勢いです。

さらにゼロレイヤーという提案

しかしロードバイクにも着るようになってからは無敵だったジオラインでも汗冷えが起こる様になりました。
ロードバイクの場合、常に冷たい風にさらされる割にアウターの防風性能はスノースポーツに遠く及ばないために、濡れたインナーを冷やすのに十分な冷気がウエアの中に入ってきてしまいます。

そこでファーストレイヤーの下に着るゼロレイヤーの提案です。私のお勧めするゼロレイヤーはミレーのドライナミックメッシュです。

MILLET(ミレー) ドライナミック メッシュ 3/4 スリーブ クルー ブラック L/XL MIV01356 MILLET(ミレー) ドライナミック メッシュ 3/4 スリーブ クルー ブラック L/XL MIV01356

Millet

Amazonで詳しく見る by AZlink

ファーストレイヤーには汗を拡散させる機能がありますが、ドライナミックメッシュにはありません。
ドライナミックメッシュの仕事は独特なメッシュ生地で肌から汗を吸い取り、素早くファーストレイヤーへ汗を運ぶだけ。ドライナミックメッシュは汗を吸い取り運ぶ事に特化し、汗を拡散・蒸発させるのはファーストレイヤーのお仕事です。
また、厚みのあるメッシュは汗を吸って濡れたファーストレイヤーが直接肌に触れる事を防ぐので、汗冷えは起こらず常にドライに保つ事が出来ます。

ドライナミックメッシュについていつか記事にしたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-スノーボード, スポーツ, 自転車