アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

Car Watch スバル、FRスポーツ「ボクサー スポーツカー アーキテクチャ」説明会

2014/02/12

Car Watchで注目の記事があったのでご紹介。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110517_446214.html

ボクサー スポーツカー アーキテクチャ(Car Watchより転載)

トヨタ×スバルで共同開発中の「FT-86」こと「FR-S」の構造を解説する説明会が開催されたそうです。
トヨタがデザインコンセプトを発表し、スバルはアーキテクチャを解説するという、両社の作業分担の色が出ているような気がします。

詳しくはCar Watchの記事を読んで戴くとして注目のポイントを紹介します。

エンジン搭載位置
まずエンジンの搭載位置が、既存車種より120mm低く、240mm後方へ移動していると言う点。自動車を構成するパーツで最も重いエンジンをより低く、かつ、後方へ(前後の重量配分を適正化する)設置できるのはよても良いことです。

その低さたるや、215/45-17のタイヤの高さよりも低いとの事。
ボクサー スポーツカー アーキテクチャ(Car Watchより転載)
エンジンの上に取り付けられるエアインテークは樹脂製となるようです。
アルミ製の方が豪華ですが重量的には樹脂製の方が有利です。
(トヨタ版は見た目重視でアルミ製のインテークが付きそうな予感もしますが・・・)

フロントのサスペンションアームが短くなってしまうのはボクサーエンジンだから致し方の無いところではありますね。

トランスミッション
エンジン搭載位置が後方に寄った事で4WD化出来なくなったのか、FRとした事でエンジン搭載位置を後方へずらす事が出来たのか・・・どちらにせよ4WDを捨てたことで大幅な小型化が可能となったトランスミッション。

ATかMTか?との問いに対し「今の時代にあったものを」と言うコメントのみ。ここは一つちゃんとMTも出して欲しいです。もしくはセミAT(MST)やDSGの設定があってもよいかと思います(トラブルが怖い・・・かな?)

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-クルマ