Amazon Fire TV Stick 4Kを購入した

うちのテレビはFull HDですが、4K版のFire TV Stickを買ってみたら意外と調子が良かったのでレビューを書いてみます。

Fire TV Stick 4Kの購入

最近うちのテレビでは地上波のテレビ番組が画面に映し出される事は稀で、Nintendo Switchでマインクラフトかスプラトゥーン2、Nintendo WiiUでHuluかYoutubeを流している事がほとんどです。

WiiUにはAmazonプライムビデオのアプリを入れているのですが、WiiUのメーカーサポート終了に伴い、AmazonからWiiUアプリのサポート終了のお知らせメールが届きました。そのメールにはFire TVへの乗り換えクーポンが添付されており、折角頂いたクーポンを使わないなんて勿体ない!と言うことで、Fire TVの購入を検討したわけです。

Fire TVには通常版と4K版がある

Fire TVには種類があり、過去にはセットトップボックスの様な据え置き型の機種もあったようですが、最近はStickと呼ばれるHDMI端子に直接差し込むタイプの機種に集約された様です。そんなStickには通常版(2K)と4K版の2種類があります。

Fire TV Stickの通常版と4K版の違いは、メモリの搭載量は同じでCPUのクロックが違うようです。高解像度の映像を処理するためのスペックアップと考えられ、ユーザーの操作感としては大した違いはないと思われます。
大きな違いは製品名の示す通り出力できる解像度が4Kに対応しているか否か。無印版はFullHD出力ですが、4K版はその名の通り4Kに対応しています。所有しているテレビはFullHDですが、4K版でもFullHD出力ができますので将来的に4Kのテレビに買い替えたときに高精細な映像を楽しみたいと考えて4Kを購入する事にしました。

クーポン利用が効きまくり

先に書いたWiiUからの乗り換えクーポンが2,500円引きだったのですが、Amazonのタイムセールを狙って購入する事で合計4,000円引きの2,980円で購入する事が出来ました。これは超絶お買い得です!!

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon (2018-12-12)
売り上げランキング: 2

レビュー

届いた日に早速テレビに接続して使用してみました。セットアップはとても簡単で説明書要らず。じつはプライムビデオは殆ど見ないのですが、一応Amazonのアカウントと紐づけておきました。

サクサクな操作感は感動的

肝心の使用感ですが、WiiUのモッサリ操作感に慣れきっていた自分はFire TVの使いやすさとレスポンスの良さに感動すら覚えました。コントローラーにはマイクが内蔵されており、ボタンを押してAlexaを起動して語りかければ何でも検索してくれます。

日本人的には機械にしゃべりかけるのは何だか照れ臭いのでほとんどはコントローラーのボタンで操作しますが、操作に対する画面変遷のレスポンスがとても良くサクサク使えます。

4K画質

テレビが4Kに対応していませんが映像ソースとして4Kは選択可能です。Youtubeで4K映像を視聴してみましたが、最終出力が2Kでもソースが4Kだと高精細な映像を楽しむことが出来るようです。2Kパネルでも画質向上が体感できるのですから、4K HDRに対応したテレビの場合はさらに高精細な映像が見られる事でしょう。

地上波テレビを見ることが無くなった

これだけサックサクに安定した映像を見ることが出来るのですから、テレビで地上波の番組が映し出されることがほぼ無くなりました。ネット配信で映像を見ることが当たり前になった事で、視聴する側の趣向や時間に関係なくプッシュ配信してくる地上波番組が時代にそぐわないと感じますし、その偏向した内容に対しても、これまで以上に違和感を抱くようになりました。
特に日曜夜のスポーツ番組一辺倒が腹立ちますね。スポーツといってもサッカーか野球ばっかで、私の好きなモータースポーツやスノースポーツの報道は皆無ですし、見る気も無くなります。

総評

最後はテレビに対する愚痴になりましたが、Amazon Fire TV Stick 4Kを買ったことでテレビの楽しみ方が、好きなものを好きな時に観るという、当たり前な楽しみ方が出来るようになったことが最大のメリットだと感じました。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-レビュー