アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

48時間セレナを弄うぞ計画、、、略してSIK48

まぁ48時間ってのはナイんやけど、とりあえず臨時収入みたいなモンが出るのでセレナを弄ってみようと計画を立ててみる。

一発目に思いついたのは、アルテッツァの遺品であるOZ スーパーレッジェーラーの再利用。これに215/50R17くらいのタイヤを履いてインチアップする計画。

ただ、乗り心地が悪化する懸念と、どうせ消耗品だから純正がチビッた時で良いと言う気もする。

そもそもインチアップするメリットが見出せない。セレナをインチアップしてもカッコ良いとも思わんし、走りに関しても純正で十分足りてる。カッコに関して言えば、俺ホイール換えてるんだってくらいのアピールにしかならん。っていうか誰へのアピールかも不明。。。

唯一のメリットはスタッドレスとの併用で、純正ホイールをスタッドレス仕様にして、スーパーレッジェーラを夏タイヤ仕様にする事。これならコスト的にメリットだ(逆だと17インチサイズのスタッドレスは高価なため)。

では他に?と考え思いついたのはオーディオ関連のバージョンアップ。前々から気になっている純正スピーカーの音の悪さを改善したい。高音質にしたい!と言うよりも、明瞭に聴けるようしたいというもの。

純正スピーカーでは足元で鳴ってるせいか、ナビ音声が聞き取りにくかったり、後席に至ってはオーディオの音が聞き取り辛いらしいって事で改善。

しかし限られた予算内で最大の幸福を得るにはスピーカーをケチるしかない。。。デッドニング材料が意外にも高価なのですよ。一応、フロントドア2枚分くらいならアルテッツァ時代の余りモノがあるのだが、リアドア2枚と3列目タイヤハウスの遮音(ここの騒音がうるさいがために音が聞き取りにくいっぽい)までやると、ソコソコの出費となる。

折角デッドニングを施したのならスピーカーも換えたい!となるのだが、デッドニング材料の余りでは満足なスピーカーは買えない。ならばツィーターだけでもと思ったが、クロスオーバーを同時に導入しないと大した意味が無い気がすので却下。デッドニングを施したら純正スピーカーが何処まで頑張れるかってのを見るのも面白そうですが。

ってな事を悩んでいたら、どっちもやらなくなりそうですw

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-セレナ