C25セレナの納車とアルテッツァのさいご

クルマ

最近忙しくて更新できていませんが、既にアルテッツァを手放しセレナに乗り換えております。アルテッツァは純正に戻せるところは戻して売却しました。現在は残ったパーツたちをヤフオクで売り捌いている所です。

C25セレナの軽いインプレッション

新たにセレナがやってきて3週間がたちましたが、走行距離は1000kmを突破定しました。セレナに乗って感じたことを少し書いてみます。

トルクがあって乗りやすい

日産が「一番売れている」と言うだけあって良く出来ています。最初は多人数乗りで2リッターエンジンではトルクが少々厳しいかと考えていたのですが、実用域でトルクが有るので街乗りでは精々2500rpmまでで事足りる様です。

高速での合流でも苦労することなく加速できますし、100km/hでの巡航だと特に気を使う所も無く快適そのものです。一応、130km/hくらいまで出してみましたが、風切り音が大きくなるのと横風を食らったときの姿勢変化が大きくなるので運転には気を使います。大柄・多人数・重量を考えても120km/hくらいまでが安全に巡航できる速度かと感じました。

ブレーキはイマイチ

ダメな点としてはブレーキが少し容量不足な気がします。じわっと利くタイプらしく、信号が赤に変わる事を見込んで交差点のかなり手前からブレーキを踏んで減速しても、止まる前にさらに踏力を上げる必要がある感じです。アルテッツァの時は交差点に近づくにつれ逆に踏力を緩めて停車していたので、その時のクセで白線を越えてしまう事もしばしば・・・単に慣れの問題なのですが、少し気を使う部分です。

車内は広々とした解放感

車内の収納は大変便利です。これでもかって位にペットボトルを置く場所があり、小物の収納もたくさんあって便利ですね。長距離の旅行などでは、SAに寄る度にペットボトルを買う事があると思うのですがそういう時に便利です。普段は全部のドリンクホルダーを使う事は無いです。

燃費は思っていたよりも良い

燃費は初っ端からアルテッツァよりも良い数字を出しています。車内で赤ん坊のオムツ換えやミルクなどでアイドリングの時間が長いのですが、それでも8~9Km/Lなので良い方なのだと思います。

セレナが納車された2009年7月19日の様子

スーパーブライトイエローから、キングフィッシャーブルーへ・・・
ちなみにキングフィッシャーブルーのセレナは希少らしく、注文してから2ヶ月で走っているのを見たのはタダの1台だけです。

純正ボンネットに戻ったアルテッツァ

ほぼ純正に戻しましたがフロントフェンダは写真の様にワイドのままです。OS技研の軽量FWとカーボンクラッチ、車高調、スタビ、マフラーは純正部品を残していなかったのでそのままです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました