アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

選挙カーがうるさい件

選挙戦スタート 各党が第一声(Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000537-san-pol

 選挙シーズンになると悩まされる選挙カーの騒音。害戦車(街宣車)となんら変わらないというか、むしろ数が多いので害戦車より迷惑。自宅は国道と交通量の多い県道が交差している所で、しかも駅前なのでこの問題は甚大なのですよ。

 騒音のたびに赤ん坊は起きてグズるワケで、ぐずった赤ん坊の世話は誰がやんねん!!てな感じですわ。

 普段でさえ救急車に消防車、パトカー、珍走団、朝イチの通勤アメリカンバイクに夜中の酔っ払いやら何やらと騒音のタネが多くて困っているのに、さらに選挙カーですよ。もう生卵でも投げつけてやろうかと・・・

 こないだなんかは、珍走団を追いかけるパトカーのほうがウルサイという本末転倒な事態に陥っていたワケですよ、まったく。しかも捕まえられてないし、能無しかよと言いたいですな。

 脱線した・・・

 大体、選挙に必死なのは分かるが街の騒音問題も気にしない低脳候補者に国民生活の何が分かるのかと問いたい、問い詰めたい、小一時間(以下略)

 エコエコいうてる国が選挙カーのレンタル代やガソリン代を税金で支払っていると言うじゃないか。バカじゃないの!?ソコは政府が脱クルマを率先して行くべきじゃないのかと、問いたい・・・(以下略)

 さらにいうとバイクを含め自動車全般の騒音を「道路運送車両法施行規則等関係規則」で規制しようとしているのに選挙カーの騒音は規制なしって、どういう事なのか全く理解が出来ませんよ。

 公職選挙法では連呼の時間は規制されているが、連呼に伴う騒音の規制は無いらしい。ちょっと調べると佐賀県で「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」に対し佐賀県警が行ったパブリックコメントの結果(http://www.police.pref.saga.jp/kenkei/pabukome/keibinika-kekka.html)があったので転載してみる。

 番号7で
「選挙カーの音量に規制がないのはなぜか。同じ規制を適用すべきではないか。」

と極めて自然な思考に基づいて意見が出されているが、その回答は

「公職選挙法に定める選挙運動や選挙における政治活動は、国民の権利、義務につながるものであり、公共性が極めて高いことから、本条例の目的に鑑み、社会的有用性の高いものとして規制対象から除外することとしております。」

だと。

 テレビ・ラジオさらにネットも普及し情報を伝える方法が数多あるこの時代に拡声器で騒音を撒き散らすことが社会的有用性が高いのですか!?えぇ、どうなのよ!!テレビ・ラジオ・ネットでの運動を規制するクセに非効率的な街頭での連呼はOKなのですか!?えぇ、どうなのよ!!

 こうなれば公職選挙法を変えるしかないのだが、結局は選挙戦を戦った騒音の元凶どもが作る法律なのでこれには全く期待は出来んワケで。

 ならば選挙騒音は社会的に有用と言う考えに則って、選挙カーで騒音を撒き散らす非常識な候補者は政治家に値しないと考えて、その候補者には投票しないようにするしかないな。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-その他