アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

MCP(70-290)を受験してきた

2014/02/04

本日マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)を受験してきました。

科目は「Winodws Server 2003 環境の管理と保守(70-290)」というものです。

Windows Server 2008もR2になったというご時勢に、いまさら2003かよと言う気もするのですが、そこは置いといて・・・

2ヶ月前から受験申し込みをして、2ヶ月間で勉強して万全の体制で挑もうとしていたのですが、

私のだらしない性格ゆえに前日の2時間ほどしか勉強しませんでした。

準備に2ヶ月という目標が2時間になっちゃったワケですよ・・・

その2時間で読んだ教材も70-290が始まった頃の古い資料で、

現行の試験に対応しない(試験内容はアップデートされてるみたいです)可能性もあったり、

そもそも教材のボリュームが大きい(例題260問)ので

2時間で読めたのはたった50問だけだったりして、

「もう諦めて寝よう」と、

わずかな時間の勉強すら投げ出してしまったわけです。
で、本番を迎えたワケですよ。
やっぱり試験は随時アップデートされている様で、教材で使用されるOSはオリジナルの2003なのですが、

試験問題はSP2になってたり、クライアントもXP SP3だったりして焦りました。
でもまぁSPの有無に関わらずやるこたぁ同じなワケで、何も問題無いだろうと思い開き直ったのですが、そもそも勉強してない事が問題なんですわ!!

試験の感想ですが問題文の長さに疲れました。

問いの本質とは関係の無い前置きが長いのです。

実は問題文の前半はまったく読まなくても解けそうな問題ばかりだった事に気がついたのは、全44問の問題を一通り回答してからでした。

しかもその前置きが質問とまったく関連していなかったりして、ただ回答者を惑わせる(否、イラつかせる)だけの文章だったりします。

例えるなら・・・

「あなたは八百屋さんの社員です。

八百屋さんにはAとBという支店があります。

A支店ではタマネギとにんじんを売っています。

B支店ではネギとブロッコリーを売っています。

新たに本店で大根を売るよう命じられました。

あなたは何をするべきですか?」

「って、支店関係ないやん!」
とまぁこれくらい無意味な導入部分が精神を消耗させてくれるワケです。
残り30分を切った所で、だるい文章を読み返すのも飽きてきたので終わろうかなぁ~と、会社への言い訳を考えながらポチッと「終了」ボタンを押したら、なんと合格してました。
700点の合格ラインに1割乗っけて772点!

ギリギリでしたが正直ダメかもーと思ってたので、ラッキーでした。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-お仕事