FJクルーザーに30mmのワイドトレッドスペーサーを取りつけた

2019/11/02

FJクルーザーに40mmのワイドトレッドスペーサーを取りつけましたが、ハンドルを一杯まで切るとタイヤとフレームが干渉する事が分りました。当たり前ですね。

私ならフレームの一部切除かハンマーで叩いて逃がすかリフトアップして逃がすかという事を考えますが、オーナーの決断により30mmのスペーサーに変更することになりました。

2012031201

ブルーアルマイトのワイドトレッドスペーサー

と言う事でスペーサーを30mmへ変更しました。今回届いたのはブルーアルマイトのスペーサーです。前回別のお店に40mmのスペーサーを注文した時はブルーを指定したにも関わらずシルバーが届いたのですが、今回は逆にシルバーだと思って注文したらブルーだったという罠。(注文ページにはブルーの記述は無いのですよ・・・)

取り付け

色はあんまり気にしないので取り付け。
チラ見えするブルーアルマイトの主張が若干うるさい気がしますが、これを気にすると22インチのホイールに対しブレーキキャリパーが小さくショボイ事の方が気になる。
というかFJクルーザーに取り付けられる巨大ブレーキディスクとキャリパーなんかあるんかいな?

接触対策完了!

スペーサーを30mmに変更して対策の具合を確認するべく、ハンドルをめいっぱい切ると左側3mm程度、右側10mm程度の隙間が空き、無事に不具合を解消する事が出来ました!!

左右で差があるのは・・・まぁそんなもんです。レーシングカーレベルのボディバランスの調整をしていれば左右同じ値になるでしょうか、量産車なのでこの程度の誤差は当たり前です。

ちなみにスペーサー10mm薄くなった程度では見た目も全然変わりませんし、車検にも問題なくパス出来そうです。
2012031202

リアも30mmにした方が良いかも

実はリヤ側も30mmにした方が良いような気がします。
ホイールは、DON CORLEONE COSTELANOでサイズは22x8.5J オフセット18mm。FJクルーザーの純正フェンダー仕様だとツライチになるのですが、今回+40mmのワイドフェンダーを取りつけたのでワイドトレッドスペーサーも40mmとして、フェンダーの厚みが増えた分と同じだけトレッドも広げました。結果、見た目は絶妙なツライチ具合なのですが、見ようによっては一部フェンダーからはみ出ている様な部分もあり、検査官次第と言うような微妙さです。

このまま公認がとれるかは検査官のさじ加減次第なので、必要な場合はリアも30mmに変更する必要がありそうです。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-DIY, クルマ