スマートEXでau ウォレットプリペイドカードは登録できない

新幹線予約システム「スマートEX」のサービスが始まりました。 プリペイド版「auウォレット」でスマートEXを使えないかとアレコレ試しましたがダメでした。一部のデビットカードは使えるようなのでその理由を説明します。

スマートEXとは

「スマートEX」は交通系ICカード(iPhoneに入れたSuicaアプリでもOK)と手持ちのクレジットカードを組み合わせ、チケットレスで新幹線に乗れる無料のサービスです。チケットの費用は登録したクレジットカードで決済される仕組みです。 新幹線の予約と決済、乗車まですべてスマホ一つで完結するのでメチャクチャ便利です。

私は以前に「エクスプレス予約」を使っていたことがありました。「エクスプレス予約」は年会費1,000円が掛かる代わりに早期予約割引があるのですが、出張がめっきり減り新幹線に乗らなくなってしまった事とクレジットカードを一掃する為に解約しました。まぁ出張費を支払うのは会社であって、年会費払うのは自分ですから、私には割引のメリットが何もないです。

「auウォレットプリペイドカード」で「スマートEX」は使えるのか!?

クレカの代わりにauウォレットのプリペイドカードを登録することが出来るか検証しました。結論から言うと「スマートEX」で「auウォレットプリペイドカード」は登録できませんでした。
理由は単純です。「スマートEX」にクレジットカードを登録する際にクレジットカードの本人認証が行われる仕組みです。この本人確認システムは各クレジットカード会社が提供するサービスですが、auウォレットプリペイドカードでは本人確認システム(MastercardのSecure Code)が提供されておらず、本人認証が出来ません。残念ながらスマートEXでauウォレットプリペイドは登録できず利用する事が出来ませんでした。

仕方ないので私は三菱東京UFJのデビットカードを登録する事にしました。
三菱東京UFJ銀行のデビットカードは、Visaが提供する3Dセキュアの機能が使えるためスマートEXに登録して新幹線のチケットを買うことが出来ました。

追記情報

2019/10/20追記

本人認証サービス(3Dセキュア)について
この記事を書いた当時は3Dセキュアが必須でしたが、スマートEXのFAQを改めて確認すると「3Dセキュアを利用しない場合は、新規予約等の都度、クレジットカードの裏面などに記載されているセキュリティコードの入力が必要になります」と記載されているので、本人確認は必須要件ではなくなった様です。

2020/2/11追記

3Dセキュアが不要になったとのことなので、再度auウォレットプリペイドカードの登録を試みました。しかし登録できませんでした。さらにLINE PAYのバーチャルカードの登録も試しましたが、こちらも登録出来ませんでした。

緑の券売機なら買える!

ちなみにauウォレットカードを使って緑の券売機で新幹線のチケットを購入する事は可能です。ただしauウォレットカードの暗証番号を設定している必要がありますので注意してください。
暗証番号を設定した当日は認証システムに反映されない様なので、券売機で利用する前日までに暗証番号を設定してくださいね!

世の中キャッシュレス決済が流行っていますが、やはりクレジットカードに一日の長があります。プリペイドやデビットで乗り切ることを考えていますが、なかなか難しいです。

コメント

  1. haru より:

    バンドルカードはスマートEXに登録することができましたよ。

タイトルとURLをコピーしました