アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

フェールオーバークラスターを組んだままドメインが変わったら・・・

テスト用にドメコン(ADDS)を構築していましたが、しばらく使ってない間に壊れてしまいました。修復を試みましたがイマイチ何処が悪いのか解らなかったので、2008R2で再構築する事にしました。

事の発端は3ノードで構成しているフェールオーバークラスターのうち1つのノードがクラスターから弾かれてしまい、復旧できなくなった事でした。問題のノードを一旦ドメインから外して再参加させようとしましたが、ドメコンが見つからんとか権限が無いとかでドメイン参加する事が出来なくなりました。他のコンピュータでも同様のエラーでドメイン参加出来ない状況だったので、ドメコンの再構築に至ったわけです。

新しいドメコンは仮想で構築して、一通りの設定が終わった段階でスナップショットを取得しておきます。これでトラブっても次回は簡単に復旧出来るハズです。そして問題のフェールオーバークラスターですが、ノードの方はちゃんとドメイン再参加する事が出来ましたが、クラスタ名を再度ADに登録させる方法が解りませんでした。

と云うことで、すでに構築しているフェールオーバークラスターを破壊し、構築しなおします。が、ドメコンのトラブルでクラスター情報も中途半端に壊れたらしく、ノードからクラスター情報が削除出来ないらしいです。なのでコマンド登場。


net stop clussvc
でクラスターサービスを停止

cluster <クラスター名> node <ノード名> /force
でクラスター情報の整理


これでノード上からクラスター情報が削除されたはず。サーバーを再起動し新たにフェールオーバークラスターを構築する事で復旧しました。

この作成していた仮想サーバー達は共有ディスク上に生きているので、新しいクラスター上でインポートしてやれば(ドメイン再参加は必須ですが)そのまま利用出来そうです。

ウィザードでサクサク構築出来るドメコンですが、基礎知識が無いのでトラブッた時に困りますね。ちょっとでも勉強しないとダメですね~~

ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2008 R2版 ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2008 R2版
横田 秀之

日経BP社
売り上げランキング : 26315

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-備忘録