アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

マフラー交換しました

2014/02/03

去年(2008年)の年末に近所のスーパーの駐車場で折れ曲がった溝蓋の鉄板にマフラーが引っかかってしまい、前進して強引に脱出を試みたところマフラーに穴が開くと言う事件がありました。穴が開いて排気漏れを起こしたマフラーはとても煩くて家族からもクレームが出ました。

そんなワケでマフラー交換する事になりました。前回は爆音系だったのですが今回は静音系を選んでみました。APEXi HYBRID MEGAPHONE evolutionです。ちょうど赤ん坊が生まれたので喧しいのはNGって事で。ついでにコーナリングは強くなるけどエンジンの振動をモロに食らう強化エンジンマウントも純正に戻したので軟弱な乗り心地になりました!

早速リフトアップ!!
maff09012404

サクッと取り付け完了
maff09012401

実際の作業はサクッではなかったのです。

マフラーに穴をあけた時に勢い良く溝蓋に引っかかったため、フランジ部分のボルトが曲がってました。曲がってるもんだから硬くて回らない回らない・・・「折れてしまえ!!」と叫びながら回したのですが、何とか無事(?)折れずに抜けました(笑)

エンジンマウントの交換の方は案外アッサリ完了しました。強化マウントに交換した時は家のガレージでジャッキ&ウマを使って半日作業+2日間筋肉痛をかけて作業したのですが、リフトとミッションジャッキでやると30分位で出来ました。ラクショ~~!筋肉痛もナカタヨ~~!!

意外と時間を食ったのがエアクリのフィルター交換ですね。ナイトペイジャーのエアクリなんですが、バンパーを取り外し、垂れてるオイル(ブローバイが垂れてベトベトになってました)を拭き取ったりしてたら1時間ほど掛かってしまいました。

作業が終わってエンジンを掛けたところエンジンの振動はしないし、排気音は静かだしって事で、まるで別の車でした。なぜか音や振動がなくなると、足回りまで柔らかくなったような錯覚すら感じます。

が、しかし、エンジンが暖まるにつれゴゴゴゴ・・・とボディの鉄板を叩く様な異音が・・・
maff09012402

もう一度リフトアップして調べると、リア側のメンバーブレースとマフラーのフランジが干渉している様です。

これは強化の吊ゴムに変更して対策しようと思います。  詳しいインプレッションはパーツAC-Westの方でそのうち更新します。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-DIY, アルテッツァ