アルテッツァのマフラーをAPEXi HYBRID MEGAPHONEに交換しました

クルマ

ちょっとした事故でアルテッツァのマフラーに穴が開き爆音仕様になってしまったので、マフラー交換を行いました。静音マフラーに変えてみたらメッチャ快適なクルマに変貌しましたよ。

アルテッツァのマフラーが脱落する!

 2008年末に自宅の近所にあるスーパーマーケットの駐車場に、愛車のアルテッツァを停めた時のこと。駐車場と道路の間にある溝を覆う溝蓋があるのですが、その溝蓋が盛大に曲がっていました。買い物が終わってクルマを出すときに、その曲がった溝蓋がマフラーが引っかかってしまいました。強引に脱出を試みたところ、溝蓋の角がマフラーのタイコ部分に突き刺さマフラーに穴が開いてしまいました。穴が開いて排気漏れを起こしたマフラーは非常にウルサく、車内はとんでもない重低音に包まれることになりました。

静かなマフラーに交換する

 年末の忙しい時にマフラーを交換する余裕はなかったのですが、何時までも爆音で乗るわけにもいかないため、早々に交換することになりました。前回は爆音系だったのですが、今回は静音系のAPEXi HYBRID MEGAPHONE evolutionをチョイスしました。ちょうど赤ん坊が生まれたので喧しいのはNGだったのです。

エジンマウントも純正に戻す

 下回りの作業を行うついでに、強化エンジンマウントからノーマルのエンジンマウントに変更しました。強化エンジンマウントに交換するとエンジンの揺れが減少し、フロント最大の重量物であるエンジンの位置が変動しにくくなることで、コーナリングが鋭くなる効果があります。また、エンジンの出力に対する反力(出力軸の回転と逆方向発生す応力)によるエンジンの揺れが少なくなるため、駆動ロスが減ったり、レスポンスが良くなったりするメリットがあります。

 反面、エンジンの振動がフレームにモロに伝わるため、エンジン音がうるさい、クルマがずっと振動している、などのデメリットがあります。今までは大したデメリットとは感じていなかったのですが、子供が生まれたことで大きなデメリットになってしまったので、快適な車内環境を取り戻すため純正エンジンマウントに戻しました。

マフラーとエンジンマウントの交換作業

いつもの通り作業はガレージピットワンさんで行いました。実家住まいの時はピットワンさんまで片道1時間くらいかかっていたのですが、結婚して引っ越した先が凄く近所なので、10分程で行ける距離になりました!

さっそくリフトアップ
サクッと取付完了

曲がったボルトの取り外し

 実際には作業はサクッと行かず苦戦した部分がありました。アルテッツァのマフラー交換作業は何十回も経験していますので、今回もさっくり作業が終わると思っていました。しかしマフラーを溝蓋に引っかけたため、マフラーを締結するボルトが曲がっていたのです。
 ナットが締まっている根元からボルトが曲がっているため、ナットが全く回りません。仕方ないので「折れてしまえ!!」と叫びながら渾身の力で回したら、何とか無事に折れずに回りました。いっそ折れるかサンダーでボルトごと切ったほうが早かったかもしれません。

エンジンマウントの交換

 逆にエンジンマウントの交換は案外アッサリ完了しました。強化マウントに交換した時は実家のガレージでジャッキ&ウマを使って、半日作業+2日間の筋肉痛をかけて作業したのですが、リフトとミッションジャッキでやると30分位で出来ました。メッチャ楽勝でしたし、筋肉痛にもなりませんでした。
 作業はエンジンマウントを固定するナットをすべて外しリフトで車両を持ち上げます。そしてミッションジャッキを使ってエンジンを少しづつ持ち上げ隙間を作り、エンジンマウントを取り外します。ラジエターホースやハーネス類が引っ張られますが、エンジンマウントを外す程度の余裕はあるので、切れてしまう事はありません。

ついでにエアクリを交換する

 意外と時間がかかったのはエアクリのフィルター交換ですね。ナイトペイジャーのエアクリを取り付けているのですが吸入口がバンパー内にあり、フィルターを交換するためにはバンパーを取り外す必要があります。エアクリを外すと垂れてくるオイル(ブローバイが垂れてベトベトになってました)を拭き取ったりしてたら1時間ほど掛かってしまいました。

ノーマルに近づいたことで快適性が上がった

 作業が終わってエンジンを掛けたところ、エンジンの振動はしないし、排気音は静かだし、まるで別の車になった様です。音や振動がなくなると、なぜか足回りまで柔らかくなったような錯覚すら感じます。ノーマルに戻っただけなんですけどね。いかにノーマルが良くできた物なのかということを感じます。

 しかし、エンジンが暖まるにつれゴゴゴゴ・・・とボディの鉄板を叩く様な異音が出てきました。

 もう一度リフトアップして調べると、リア側のメンバーブレースとマフラーのフランジが干渉している様です。マフラーが重くなったため、マフラーの位置が若干下がってしまい、メンバーブレースと干渉してしまった様です。これは強化の吊ゴムに変更しすれば対策出来ると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました