アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

フロントディレイラーをアップグレードしてみた

2014/03/04

なかなか更新できませんでしたが、チャリが確実にスペックアップしています。(スペックアップというか修理に次ぐ修理なんですが・・・汗)
まず、前回のブログ「シフトレバー交換とまたまたパンク修理」ではシフトレバーとワイヤー一式を交換しました。そしてタイヤチューブに穴が開いたまま乗り続けるという暴挙もしてました。

こまごまと修理

チューブ交換

その後、こりゃいかんとタイオガのヘタレチューブから脱却し、前後ともpanasonicの26x1.25(フレンチバルブ仕様)に変更しました。ついでにリムテープもPanasonicのPolyLiteに変更し耐圧性能をアップしました。タイオガの時はチューブに穴が開いていないにも関わらずエア漏れが激しく週一ペースで空気を入れていたのが、月イチでもエアが殆ど減っていないというメンテナンス性能の劇的な向上も果たせました。

もっと力を・・・

DSC00045
数年前のレストア時に新品に交換したリアディレイラー。壊れかけのシフターから調子のよいシフターに交換された事で、本来の動きを取り戻してスパスパと変速出来るようになりました。

しかし、調子よく乗れていると、もうひと伸びトップスピードが欲しい気がしてきました。通勤ルートの往路は、割とキツめの下りとごく僅かな下りで構成されています。このごく僅かな下り部分を楽々と漕ぎたい・・・という欲から大径のクランクを物色し始めたわけです。するとヤフオクで500円という安価でアウター48Tというトリプルクランクを入手する事に成功したのです。これがドツボの始まりでした。。。

クランクを交換する

チェーンラインがズレまくるのは気になりましたが、まぁ何とかなるだろうと手に入れた48Tクランクを取り付けを始めました。しかし、残念なことにイン側のギヤがフレームに接触してしまう事が判明。クランクをフレームから離すためBBを軸長の長いものに交換し無事に取り付け完了。というか何とか無理やり取り付け出来たという感じでした。

DSC00046

そしてフロントディレイラーが壊れるのです

チェーンラインが正しくないのは明白でフロントディレイラーの取り付けがちょっと厄介・・・なんて思いながらフロントディレイラーの位置を調整していたらディレイラーを留めるバンドに挿入されているナットがナメてしまったのです!!ネジをいくら締めてもクルクル空回り・・・・
何とかナットのみを交換する事は出来ないかと奮闘したものの、ナットは何故かカシメられていて取り外す事が出来ません。チクショー!!

ここは転機と考える!

しかしプラスに考えると、古いメカなので動作もガタ付いてましたし、何度も取り付けや取り外しを重ねていたので、これは逆に取り換えるチャンスです!! という訳で、そのままの勢いでディオーレのフロントディレイラーをポチっとしておきました。今まではハイクランプだったのを、「カッコいいから」という理由でトップスイングへ変更しました。

届いたら即座に取り付けよ!!

そんなこんなで付きました。ココへたどり着くのには長い道のりでした。
DSC00044
これも「無理やり」取り付けている感じです。トップスイングへ変更したことにより交換したばかりのシフトワイヤーが短くて使えず更に交換。無理やり取り付けているクランクのおかげでギアポジションによってはディレイラーとチェーンが接触しまり異音発生!!

使えるギヤの組み合わせにクセがありますが、変速性能そのものは以前より向上している気がします。これがチェーンラインまでビシッと決まったチャリならさぞかし気持ちのよい事でしょう。

とりあえず、壊れそうな部品の交換は一巡したのでこれからは維持をメインに考えて行きます。
そんなワケで明日の通勤は完成形としてシェイクダウンです!!

シマノ DEORE フロントディレイラー FD-M590-6 トップスイング マウンテンバイク用 シマノ DEORE フロントディレイラー FD-M590-6 トップスイング マウンテンバイク用
シマノ
売り上げランキング : 47853Amazonで詳しく見る by AZlink
↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-DIY, 自転車