MTBにチャイルドシートを取りつけて子供乗せマウンテンバイクにしてみた

DIY

子供が幼稚園に通うようになり、登園時に送っていくのは私の役目になりました。
しばらくの間は自分の通勤に合わせて徒歩で登園していたのですが、歩くのが遅い子供と一緒だと時間的に厳しい。。。と言う事で、チャリで登園しようと考えたのですが子ども乗せチャリなんそ買うお金がない。仕方ないので愛車のMTBにチャイルドシートを取りつける作戦を考えました。

荷台がない自転車にチャイルドシート?

 マウンテンバイクには後ろの荷台がありません。しかし私が所有するマウンテンバイクにはダボ穴があるので、荷台を取り付けることが可能です。荷台をつけることが出来れば、その上に子供乗せシートを取り付けることが可能です。ただし、荷台の耐荷重の問題を考慮する必要があります。ダボ穴を使って取り付ける荷台の耐荷重は20~25Kg程度のため、子供が小さいうちは何とかなると思います。

 しかし調べてみると、荷台が無くても取り付け可能なチャイルドシートがあることが分かりました。


 フレーム(シートポストが刺さっている部分)に治具を取り付け、そこから伸びるパイプにより荷重を支える構造の様です。しかし如何せんこれが高価で、モデルに寄りますが1万~2万円くらいします。

 そこでヤフオクを物色していたら、値段は3,000円くらい(その内送料が2,900円くらいなので、落札手数料逃れの出品ですな)で中華な品が出品されているのを発見しました。

中華クオリティだが使えないことはない

 早速注文して届いた商品を確認したところ、仕組みはメジャーな商品と変わらないですが、製品の仕上げと精度が中華クオリティな様です。まぁ値段が値段なので致し方ない。

速攻でチャリに取り付けました。
IMG_2182

フレームに治具を取り付け、治具にパイプを差し込みます。荷重の大半はここで支持します。
治具は樹脂製なのですが金型の合わせ面に思いっきりバリがあります。
IMG_2183

しかし、治具だけで荷重を受けると、シートから延びる貧弱なパイプが曲がってしまうため、使ってサドルから子供乗せシートを吊るように固定します。
IMG_2185

意外と大丈夫そうな使い心地

 子供の体重は15キロありますが、3点支持のお陰で案外しっかり取り付け出来ていて、上下方向の荷重に関しては不安はないと思いました。
 しかし、左右方向の支持力は弱く多少の振れがあります。子供を乗せた状態で、子供乗せシートが左右に揺れると走行ラインがフラつきます。と言っても子ども乗せ中にめいっぱい走るワケ無いので、速度を落として気を付けて運転すれば全然問題ないレベルです。

しかし、子供の着座位置が高いので普段より重心がかなり高くなります。今のところヒヤっとしたことは無いですが、サドルを上げまくって足付きが悪い状態なので発進時と停止時に気を使いますね。しばらくは子供の送り迎えがメインになりますので、踵がべた付け出来る程度にサドルを下げることにしました。

正立スタンドも併せて購入

正立スタンドも付けました。コレはかなり便利です。
IMG_2184

 しかし、スタンドの幅が狭く子供を乗せた状態では自立することが出来ません。そのため身体で自転車を支えつつ子供を乗降させる必要があり、少しコツが必要です。

「とりあえず」の域を出ない中途半端さ

 MTBを子ども乗せ仕様に華麗に転身させようとしましたが、専用ママチャリに敵うわけもなく「取りあえず」の域を出ない中途半端な一品になってしまいました。送り迎えがメインならば、安全面も考慮して素直に子供乗せ自転車を用意するべきでしょう。MTBを子供乗せ仕様にするのは、週末に近くの公園までサイクリングという程度までが良いと感じました。

 とまぁレビューを書いてきましたが、ヨメさんが3人乗り電動アシストを買おうと策略していますので子ども乗せMTBは早々にお役御免になる予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました