XenApp公開アプリケーションか起動しかけてるのに起動しない

2019/10/26

4
何だか良く解らないタイトルですが、XenAppで公開しているアプリケーションを起動しようとするとXenAppサーバーへのログオンプロセスの途中で終了してしまう現象に見舞われ、回避策を見つけたので覚書しておきます。

現象

XenAppで配信しているアプリケーションが起動しません。実際には起動処理が始まっているにもかかわらず、途中で処理が終了してしまう様です。XenAppサーバーのイベントログを確認すると本事象とは無関係かも知れませんがID:6001やID:6004が記録されています。また「デスクトップウインドマネージャはコード(0x40010004)で終了しました」も見られました。

参考資料

ちょっとググったら出てきました。まさにこの現象が起こっています。
ログオン処理に1分以上かかると公開アプリケーションの起動に失敗する

原因

原因はXenAppのログオフチェッカーによるもので、ログオン処理に1分以上かかるとタイムアウトされてしまいます。詳細は前述のリンクに記載されていますが、簡潔に言えばログオン完了前にログオフされることが原因です。何ともアホらしい動きですな。

解決方法

ログオフチェッカーの起動待ち時間をレジストリで設定して、ログオフチェッカーの起動を遅らせる事で対処します。

根本解決はログオフを高速化させる事だと思うのですが、移動ユーザープロファイルを利用しているとファイルサーバーのパフォーマンスやネットワークのチューニング、さらにグループポリシー等も絡むハナシになるとなかなか対策が難しいので、XenAppで対処する方が小回りが利きます。

もっと根本的な解決策はログオン処理時にはログオフチェッカーを無効化する事なのですが、ログオフチェッカーが無いとアプリケーションが終了した後にXenAppサーバーからログオフされない問題が起こってしまいます。

さて、設定するレジストリは。。。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Citrix¥Wfshell¥TWI
値の名前:LogoffCheckerStartupDelayInSeconds
種類:REG_DWORD
値のデータ:0~600(秒)

私が管理している環境では取りあえず60秒に設定しました。
ログオフチェッカーの起動が60秒遅延するため合計2分間の余裕が生まれます。2分以内にログオン処理が終わればOKです。もしこれでも事象が改善しない場合値を増やしていけばOKです。

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-Citrix関連技術
-