アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

FJクルーザーが納車されたよ

2014/02/27

FJクルーザーが納車されました。

22インチの迫力はすごいです。
ブラックのボディにメッキパーツを散りばめたラグジー仕様!
まだ入荷待ちで取り付けてないパーツもあるので、完成は来年になりますが既に異彩を放っています。

IMG_0014[1]

ディーラーでワイドフェンダーを取りつけて新車登録してもらう手筈でしたが、いくつか法規を満たせないらしく断念する事になりました。
誰かの役に立つかも知れないので断念のポイントを紹介します。

  • ヘッドライトが自動車の最外側から400mm以内に取り付けられている事
    →グリルを削ると何とか満たせる程度の微妙さだそうです
  • 側面の方向指示器
    →ワイドフェンダーで隠れてしまうので移設する必要があります
  • リア方向指示器が自動車の最外側から400mm以内に取り付けられている事
    →完全にアウトです

リア方向指示器はLEDテールランプに交換してそこに指示器を移設すれば適法となる。しかし社外品のテールランプは認証(Eマーク)が無く新車登録時の装着は認められない(→これはサイドの方向指示器でも同じ)。→新車登録はムリ
しかし車検証の記載事項変更(車幅変更)には認証マークの確認は無いので、取り付け位置に問題が無ければ社外品でもOK。→車検時は問題ない

纏めると、初回車検時に公認を取ろう!と言う事になりました。

 

と言うわけで、納車後ディーラーで付けられなかったフロントLEDウインカー(認証マークが無いため)、HIDコンバージョンキット、ステンレスサイドロッカーパネルを取り付けます。

IMG_0013[1]

LEDウインカーが付きました。オレンジ色点灯、ハイフラ対策もされているので点滅も問題ありません。
内側にある3本のラインは北米仕様だとポジションランプになるようですが、国内仕様では法規を満たせないので接続していません。
車両側にはハーネスが来ていますが死んでいるらしく接続しても点灯しませんでした。(勘違いです。ハーネスは来ていません)

と言う事で次回いじる時はウインカー連動にしたいと思います。(ランプ内で結線する必要があります)

 

次にHIDを取りつけます。
実際に取り付ける前に点灯試験を・・・と思ったら片側のバーナーが死んでいます。
写真は無いのですが、ガイシの部分が焦げていて見た目からして不良です。
ってなワケで交換依頼をして、HIDの取り付けは次回へ持ち越し。

次にサイドロッカーパネルを取りつけます。
が、ボディが湾曲しているのに対し取り付けるパネルは平面!!
ステンレスでも長手方向の湾曲は手で曲げれば何とか取り付けできると思っていたのですが、短手方向は固くて曲げられません。
片側が浮くようにすれば貼り付けられますが、なんかブッサイクなので却下。

そしてステンレスのパネルを貼るよりも、純正の樹脂製パネルにメタルのカッティングシートを貼った方が綺麗に安く仕上がりそうです。
今回はオーナーと相談してロッカーパネルは付けない事にしました。販社へ返品可能か問い合わせです。

と言うわけで、かなり手戻りが発生しました。
次回は交換されたHIDと、未入荷になっているLEDテールランプ及びサイドステップの取り付けです。
入荷が間に合えば年内に作業出来ますかね・・・?

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-DIY, クルマ