アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

プリンター買った!ブラザーPRIVIO DCP-J968N ブラック その1

2017/01/10

年末の年賀はがきに向けてプリンターを買い換えました。プリンターとしては初めてエプソン/キャノン以外の製品ですが、その使い心地はどうなんでしょうか?

私のプリンタ遍歴

Canon BJC-210J 1996年

私はWindows 3.1の頃からパソコンを触り始めて、Windows95に移行したころに初めて手に入れたプリンターがCanon BJC-210Jでした。それまではワープロでモノクロ印刷しか出来なかったのでカラー印刷が出来たのはとても感動した覚えがあります。

Canon BJC-700J 1997年

BJC-210Jでは印刷速度が遅くカラー印刷の精度もイマイチでした。当時カラー印刷に強いエプソンに対してキャノンが満を持して発売したBJC-700Jに飛びつきました。7色インクを搭載していて写真印刷はとても綺麗でしたが印刷はめちゃくちゃ遅かったです。

Epson PM-920C 2001年

キャノン機が2台続いたので次はエプソンで・・・と思い買い換えたのがPM-920Cでした。CD-Rの利用が一般的になりレーベル印刷機能が搭載されるようになりました。当時エプソンがグイグイ押してたロール紙印刷機能もありましたが、ロール紙は1本買って使ったけど使いにくかったですね。印刷品質は非常に美しく、印刷速度も待てるレベルに速くなりました。(とは言え遅い)

Canon iP7500 2005年

今でもキャノンの最高傑作と思っている機種です。印刷品質は現代機と比べても遜色なく、印刷速度もそこそこ速い。そして現行機に比べてインクコストが安い。(タンク容量が大きい)
昔はちょこちょこ写真印刷をしていたのですが、最近のプリンターの使い方は年1回の年賀状や子供関連の配布用ドキュメント程度。インクヘッドの目詰まりが目立つようになり買い換えることになりました。

プリンターに求めるもの

昔と違ってプリンターに求めるものが変わりました。上に書いたように、昔はとにかく印刷品質の高さに重きを置いていましたが、今では印刷品質より使いたいときにパッと使える事が重要となっています。自宅ではノートPCを使っているので、印刷するためにいちいちプリンターの所に行ってUSBケーブルを挿す運用は面倒くさいのです。
また、家でPCをあまり触らなくなったのでスマホから手軽に印刷できることも重要。ググって出てきたPDFをダウンロードして印刷するためにPCを用意するなんてアホらしいです。
さらに回覧用ドキュメントをコピーする事も必要なのでスキャナー搭載は必須です。

で、選んだのがブラザーPRIVIO DCP-J968でした。
・Wi-Fi対応
・スキャナ搭載
・そこそこ速い
・3色インクでランニングコストが安い(タンクもでかい)
と希望する要素をうまく満たせている上に値段も安い!

長くなったので次回へ続きます・・・

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-パソコン関連