DELL Inspiron 3670にSSDを追加する

前回の記事でDELL Inspiron 3670の購入から納品?までをザックリ書きましたが、今回はDELL Inspiron 3670のSSD追加についてもう少し詳細を書きたいと思います。

DELL Inspiron 3670

改めて今回購入したDELL Inspiron 3670のスペックを記載します。

CPU:     Core i3 9100 (4core/4TH,MAX4.2GHz)
メモリ:  4GB
HDD:   1TB 7200RPM

巷の評価では「Core i3じゃ物足りん」と言われますが、動画編集やゲーム用途ならいざ知らず、普通にアプリケーションを動かすにあたって何らパフォーマンスで問題になる事はありません。
ただし物足りなくなるのはメモリの量とディスクのアクセス速度です。

DELLで購入時にカスタマイズすると、メモリ8GBとSSDが乗った仕様も構成可能ですが、後から自分でメモリとSSDを増設するよりも割高になるため、限られた予算内で同じことを達成するために自分でカスタマイズする事にしました。

Inspiron3670に搭載できるSSDはNVMe

Inspiron 3670には搭載できるSSDが2種類あります。

1つはHDDの代わりにSATAポートに接続するタイプ
もう一つはマザーボード上のスロットに差し込むM.2のタイプ

SATAポートに接続するタイプは2.5インチHDDと同じ形状で扱いやすい反面、データ転送速度がSATAの規格で6Gbpsに制限されます。これでも十分に速いのですがSSDが本来持っているデータ転送速度を生かすには遅すぎます。
またInspironには予備の電源ポートがなく2.5インチSSDを追加したくても難しいです。

そこでマザーボードに搭載されているM.2スロットに差し込むタイプのSSDを追加することになるのですが、ここで注意が必要です。
M.2用SSDにはSATA接続とPCIe接続の2種類が存在します。超ややこしいですが、「遅いやつ=SATA」と「速いやつ=PCIe=NVMe」があると考えればOKです。NVMeって何?って方はWikipediaをご覧ください。

Inspiron 3670に使えるSSDはPCIe接続のもので、これならSSDの真価を発揮できます。
なんかややこしいですが、そういうものです。

Inspiron 3670にNVMe SSDを追加する

ここでやっと増設です。

もとはこんな感じの空きスロットです。前項では規格のややこしい話を書きましたが、さらにややこしい事にM.2には「長いやつ」と「短いやつ」があります。デスクトップ向けは、大抵の場合長いSSDが用いられる事が多い様です。後述する今回購入したSSDも「長いほう」なので固定用のねじを長いほうの穴に移動させておきます。

で、買ってきたNVMe SSDを差し込みます。
ただし残念ながら固定用のオスねじは付属していませんので、適当なM2のミリねじで固定します。ここまで出来たら、HDDの中のデータをSSDへ移してUEFIでブートドライブを変更すればSSDから起動出来るようになります。

実は私UEFIのパソコンを殆ど触ったことがなくてかなり戸惑ったのは内緒です。

Inspiron 3670とNVMe SSDの組み合わせ、どんだけ速いの??

SSDへの換装後に定番のCrystal Markでパフォーマンスをチェックしたのですが、その時のスクリーンショットを削除してしまったので残っていません。
数値的には製品が持っている性能がしっかり出ている印象でした。Windowsの起動は数十秒、Officeアプリケーションの起動にも待たされる事がなくなったのでストレスフリーなPCになりました。
HDDから起動しているときは最新型のPCとは思えないくらいの動作感でしたが、SSDに替えてからはとても速くなりました。

お手軽な改造のため皆様もいかがでしょうか?

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-パソコン関連