Jabra evolve 40 レビュー

家電・PCガジェット

Webミーティング用にと会社からちょっと良いヘッドセット「Jabra evolve 40」を支給されました。お値段少し高めですがテレワークで使ってみたらよい感じだったのでレビュー書いてみます。

お値段少し高め

いきなり値段のお話からです。
会社からの支給なので詳しい値段を知りませんでしたが、Jabraの公式サイトで確認したら定価11,000円でした。Jabraの製品って個人で買うにはちょっとお高いのですが、やりたい事が満足に出来る点でほんとに良く出来てると思います。

ちなみにAmazonでも定価で売ってますね。



片耳仕様のMonoもあります。

仕様

私が支給を受けたのは両耳タイプのStereoで主な仕様は以下の通り。メーカーサイトからの転載ですが大した事は書いてないです。

  • ヘッドセット帯域幅
    ワイドバンド
  • スピーカー帯域幅音楽モード
    HiFi
  • スピーカー帯域幅通話モード
    ワイドバンド
  • マイク帯域幅
    ワイドバンド
  • 認定
    規制承認: CE、FCC、KCC、RCM、UL、産業認定: Lync、Avaya、Cisco、Alcatel Lucent、Astra
  • AC 電源
    PC からの USB 電源
  • Bluetooth 対応デバイス
  • 接続 (ミニジャック、USB など)
    USB 2.0/3.0、3.5mm ピンジャック
  • コードの長さ
    コントロールケーブル: 95cm、HS ケーブル: 120cm

再生周波数が何Hzとか書かないあたりが潔いですね。
PCとの接続はUSBか3.5mmピンジャックですが、後述の通りUSBで接続するのがおすすめです。

USBコントローラー

USBコントローラーには、通話ボタン、ミュートボタン、ボリューム調整ボタン、ビジーボタンがあります。コントローラーの中央にある「Jabra」ロゴのボタンがビジーボタンなのですが、これを押すとボタンの周りとマイクが付いている方のスピーカーが赤く光ります。
このランプが光ることで「私取り込み中なの!」とアピールできるという機能です。正気声かけるほうからすると、赤く光ってる事の意味が分からんのですけど、周りに圧を掛ける意味では良いですよね。

低価格なヘッドセットにもボリュームやミュートの機能がありますが、Jabraのコントローラーはアプリケーションと連動しているので、ボタンを押すとアプリケーション上のミュート表示も連動します。これがすこぶる使いやすい。
3.5mmピンジャックで接続した場合はいちいち画面のミュートをクリックする必要があるので、USB接続が超おすすめです。

オレンジのケーブルが固いのと、このケーブルと何か(椅子とか机とか)が触れた時の音(俗にケーブルノイズというやつ)が結構大きいのが少し残念です。

マイクは使わないとき収容できる

スピーカーには左右の指定がありません。発売当時のengadgetの記事を読むと「音楽などのエンタメにも使えるヘッドセット」と記載されているので、左右指定はあっても良いと思いますが、そこはビジネス使用を優先しているのでしょう。
左右指定がないためマイクは左右どちらでも使えるように300度くらい動くようになっています。オーバーヘッド部分にマグネットが内蔵されているらしく、マイクを使わない場合にくっつけて収納することが出来ます。
先の記事には「通勤中に音楽などを楽しむ際にも違和感の無いデザインとなっている一方で、オフィスに着いたらUSBインタフェース(インラインコントローラ)経由でPCと接続、仕事用のヘッドセットとして使用できます。」と書かれており、オンでもオフでも使うことを想定しているようです。

Web会議の音質は素晴らしく良い

スピーカーの音質は人の声が聞き取りやすいようにチューニングされているようで、発言が明瞭で聞き取りやすいです。
またマイクはノイズキャンセル機能を搭載しているので、こちら側の声も明瞭に届いている(らしい)です。

ただコレを先の記事で書かれいる様に、オーディオとして使おうとするとスッカスカのペラペラなので、残念な気持ちになります。メーカーの意図とは反して、仕事用のヘッドセットとして扱うのが良さそうです。

総評

オーディオでも使えますよ!というメーカーの主張を期待していると、ちょっと残念な気分になりますが、仕事用のヘッドセットとして考えると若干高い値段設定も納得の基本性能を感じられます。

特にSkypeに準拠したコントローラー部分、人の声を届けやすい聞きやすい事を主眼にしている点はシンプルに使いやすさにつながるといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました