出窓に液晶テレビを設置する

DIY

今まで石膏ボードにテレビを設置していましたが、完全にデッドスペースになっている出窓に移設する事にしたのでレポートします。

出窓の結露がひどい

自宅のリビングには出窓が北面と東面の2か所にあります。北面の出窓の方が面積が広い事と、道路に面している事で冬時期になると結露がひどく、窓の下のサッシに水たまりが出来てしまう状態です。その量500cc以上・・・

明るいのは良いのですが冬は寒く夏は暑い。そして結露がひどい。

これを小まめにふき取ってあげないと溢れ出た結露が壁の中に浸入し、壁や床が腐ってきます。フローリングの上に塩ビのフロアシートを敷いていたのですが、しみ込んだ結露でフローリング床がカビまみれになってしまいました。

また窓の面積が大きい事で夏の冷房と冬の暖房の利きが悪い事も改善したい点となっていました。窓の断熱性を上げてあげれば、結露と空調の問題が改善するはず。ついでにデッドスペースになっている出窓を何かに生かす事が出来れば・・・ということで窓の断熱を改善したうえでテレビを設置する事を思いつきました。

出窓の断熱

窓の断熱を考えた時、採光を保ったまま断熱性を上げるのが厄介です。透明なシートを貼ったり、出窓であれば二重に窓を作ったりする必要があります。しかし今回の場合は出窓部分にテレビを置くため、テレビの後ろから光が差し込むと画面が見にくくなってしまうのでむしろ遮光したいです。

出窓に遮光カーテンを設置するのもありですが、カーテンだと窓とカーテンの間の空気が入れ替わってしまうので結露の問題はあまり改善しない可能性が考えられます。
そこで今回は窓を断熱材で埋めてしまう事にしました。断熱材により高い断熱性が得られるので、結露の問題を改善し空調の効率アップ、さらに遮光も出来るという一石二鳥の効果があります。今回はカネカのカネライトフォームを使って窓を埋めました。



上ではアマゾンのリンクを紹介していますが、この手の建材はホームセンターで買った方が送料も掛かりませんし、商品自体の価格も安いです。今回は910×1820×30と910×1820×20を1枚ずつ購入しました。

画像のように切り貼りして窓を埋めていきます。カネライトフォームはカッターナイフで簡単に切れるので施工が簡単です。接着はしていませんがサッシよりも数mm大きく切ることでカッチリ嵌め込むことが出来る様に工夫しました。

厚さ30mmと20mの合計50mmの断熱材を入れましたが、薄っすら光が透けてしまうので、昼間は窓の後ろがピンクっぽく光ってしまう状態なので、これは将来の改善点ですね。断熱材の間にメタリックのラッピングフィルムを貼り付けるなど、光を通しにくくしようと思います。

出窓にテレビを設置する

テレビは普通に出窓に置くだけ。・・・で良いのですが、壁掛けテレビを移設するので金具も一緒に移設したい。ということで、出窓に支柱を設置して壁掛けテレビが設置できるようにしました。

DIYの味方ツーバイフォー木材を使って支柱を2本立てて壁掛け金具を取り付けます。2本の支柱は突っ張って固定しています。金具を固定するビスは石膏の壁の時は6本でしたが、木材にしっかりネジが効くため4本に減らしました。

当初台座は設置していませんでしたが、支柱を突っ張ると出窓のボードが歪んでしまい突っ張りが効かないため急遽底面に18mmの合板を設置しました。当初は写真の通り、台座の合板と支柱は突っ張りだけで固定していましたが、数日で緩みが出てしまうので、今はL字アングルで固定しています。台座と支柱を固定してしまっているので、天井の突っ張りは不要なのでは・・・という気がしますがあまり触れないでおきましょう。

こんな感じでテレビを設置します。しっかり固定できています。
テレビの台座を使用するよりも高さや角度を自由に設定できるのが、壁掛け利用の良い点ですね。いろいろ改善したいところはありますが、とりあえず良い感じで設置出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました