Ryzen7 5800X & Radeon RX 6750XT に移行した

パソコン
スポンサーリンク

 前回の記事で、PCの構成をIntel Core i5-10400FからAMD Ryzen5 3600Xに変えたことを書きました。短期間でCPUを3600Xから5800Xに交換して、更にGPUをGEFORCE RTX3050からRadeon RX6750XTに交換しました。

Zen4世代が登場するので、Zen3世代への移行を考える

 2022年8月下旬にCore i5-10400FからRyzen5 3600Xに換装して、1か月ほど使用してみました。パフォーマンスに特に不満はなく、安定性も問題ありませんでした。しかし、なんとなくモヤモヤが残ります。僅かなスペックアップを根拠にIntelからAMDに積み替えましたが、やはりスペック的にほぼ同等という点が腹落ちしないのです。

 PC業界では、秋にAMDのZen4(Ryzen 7000系)が登場するとのことで、賑わっている状況です。しかし、折からの円安基調により、次世代製品は総じて値上げが予想されます。対して現行のZen3(Ryzen 5000系)は、Zen4登場の前準備のためか、夏以降に価格が大幅に下落している状況でした。そのため、「今のうちに、Zen3に移行するのが得策かもしれない」という思考になるのは自然なことです。

移行先はRyzen7 5800Xに決定

 では、Ryzen3 3600Xからの移行先として、どのモデルが適当なのか・・・ターゲットになりそうなものをピックアップして、それぞれの考察を記載しました。

Ryzen7 5800X3D・・・3D VCache搭載。性能ぶっちぎりだが、価格は5~6万円。
Ryzen7 5800X・・・Zen3のミドルハイ。なんか最近メッチャ値段下がった。
Ryzen5 5600X・・・3600Xの純後継。値段は安いけど、3600Xから移行するほどの魅力がない

ターゲットはRyzen7 5800Xが良さそうです。爆熱らしいとの噂もありますが、360mm簡易水冷が本気を出せる時が来たと考えれば、無駄と思いながら買った360mm化に水冷が生きてきます。2022年9月後半時点では、5800Xの価格は3万円台後半となっていて、1か月前の8月下旬の35,000円と比較すると、少し値上がりの傾向が見えていました。

 若干とは言え最安値から上昇した価格を見ると、買うのをためらいます。あと一声が何か欲しい。ネットをうろうろしていると、ところどころゲリラ的に特価を出しているとの情報を見つけることが出来ます。しかし、そういうのは実店舗で、タイミング良く入手しないといけないので、購入は難しいです。

 そう考えていた時に、ソフマップでRyzen7 5800XとCORSAIRのDDR4 3600MHz 16GB (8GBx2)のセットが、38,800円で販売されているのを見つけました。全国のソフマップ共通のフェアかつ、ネットショップも同価格です。CORSAIR DDR4 3600MHz 16GBは実勢価格9,000円ほどなので、Ryzen 5800Xは実質3万円を切っている計算となります。これは安い。

既存のメモリ(DDR4 3200MHz 8GB×2)を使いまわす想定でしたが、メモリは有っても困らないので、これに決定しました。


グラボも値下がりが激しくなった

 グラフィックボードは、現行のGEFORCE RTX30##系は、登場時から半導体不足や仮想通貨マイニングのブームの影響を受け、メーカー想定価格を超える価格での販売が続いていました。
 しかし、仮想通貨マイニング需要の終焉、高い需要に応えようと増産したら供給過多に陥り在庫がダブついている状況、高価格すぎる市場に嫌気がさした一般ユーザーの撤退、いろいろな要素が相まって、グラフィックボードの価格は、爆下がりと言っても良い状況になっています。(それにしてもグラボ1枚5万円とか狂気ですけど)

 RTX3060を嫁に譲渡した私は、一時しのぎとしてRTX3050を使用していました。しかし、ここにきてGPU価格が下がってきたため、RTX3080、3070Ti、3070のうち、お財布事情に合うものがないか、ウォッチを続けていました。しかし、時折ゲリラ的に特価は出るものの、タイミングと場所が合わず、なかなか購入することが出来ませんでした。

Radeonではダメでしょうか?

 しかしある時ふと、GEFORCEで良いのか?という疑問が湧きました。私はRiva128の登場時から、ほぼ一貫してNVIDIAを使ってきました。ATIの製品は初期のRadeonと、HD4000系の廉価版を使ったことがある程度です。AMDが買収する前のATIのGPUは、一般向けのパソコンにオンボードチップとして良く搭載されていました。廉価なので良く採用されていたようですが、性能がショボすぎて、私をATI嫌いにさせました。その後Radeonが登場して、NVIDIAと対抗できる性能を獲得しましたが、やはり2番手ポジションは変わらないと私は思っています。

 しかし、CPUにRyzenを据えたからには、GPUもAMDで揃えるべきでしょう。RTXはレイトレーシングが売りですが、レイトレを有効にするとFPSが下がってしまうので、高FPSが必要なゲームでレイトレは使いません。次の売りはDLSSです。フォートナイトでDLSSを有効にした場合、低設定でもオブジェクトは綺麗になりますし、目に見えてFPSが上がります。

 しかし残念ながらRadeonには、こういった機能がありません。レイトレ機能はありますが、正直いってパフォーマンスはGEFORCE RTXに敵いません。しかし、”そもそもRTXでもレイトレ使わんやん”、”レイトレ使うのは低FPSのゲームやん”となり、Radeonでも問題ないよね、ってことに気が付きました。

 パフォーマンスアップ系の機能として、RadeonにはRadeon Super Resolution(RSR)という、FPSを爆上げさせる機能があります。ふつうは、フルHDのモニターにはフルHD解像度で3Dの演算処理を行います。しかしRSRでは、低い解像度で3Dの演算処理したあと、フルHD相当に精細化(アップスケーリング)します。低解像度で3D処理をすることで負荷を下げるテクニックですね。

 従来のアップスケーリングは、足りない解像度分を単に引き延ばすだけだったので、アップスケーリングした映像は何となくボヤっとした印象になることが多かったです。しかし、RSRではネイティブなフルHDと比較しても、遜色ない程度の画質が得られます。激しく動き回るFPS/TPSゲームでは、多少の画質低下は大して気にならず、むしろ高フレームレートで安定している方がプレイしやすいです。

 レイトレ使わんし、RSRでFPSも確保できる、となれば、もうRadeonで良いじゃないか。。。

Radeon RX 6750XTをゲットする

 NVIDIAがRTX40##をリリースする様に、AMDもRadeon RX 7000系をリリース予定です。ということで、Radeonもモデル末期となっていて、値下がり傾向です。しかしCPUと同じように、9月は若干ですが値上がりに転じているように見えます。円安基調もあり、安くなると思って待っていたら値上がりした、という状況になりそうな予感もします。

 Radeonは2022年の夏前に、マイナーバージョンアップしたGPUを投入しました。と言ってもベースとなるGPUをクロックアップしただけの、お茶濁しバージョンアップです。
 通常はGPUが許容できる範囲に収まるように、グラボメーカーが冷却機構などを設計し、オーバークロック(OC)モデルとして発売します。しかし、AMDがリリースした新GPUは、ベースとなったGPUの仕様は全く同一で、わずかにクロックアップしたもの=AMDがクロックアップを保証したもの、と解釈できる製品です。(上で「お茶濁し」と書いた理由)

 AMDが今夏リリースしたGPUは、Radeon RX 6550XT、6750XT、6950XTです。先述の通り私は、RTX3080~3070を狙っていましたので、対抗となる6750XTがターゲットとなります。6750XTは、性能はそこそこ良いのに、安ければ6~5万円台で買うことが出来ます。この値段ならお財布事情にマッチします。

Ryzen7 5800XとRadeon RX 6750XTをぶち込む

買ったパーツたち

 世の中はRyzen 7000系やRadeon 7000系に移行するというのに、私は1世代前のものを今買おうとしています。というか私は昔から、1世代前こそコスパが美味しいと思ってます。

 ちなみに、中古PCから移植した電源ユニットがフルモジュラー仕様でしたが、一緒に搭載されていたRTX3050は8pin1本仕様だったので、8pinケーブルが1本足りない問題がありました。モジュラーケーブルを自作して回避しましたが、この話は別の機会に記事にします。

ベンチマークの結果

 Ryzen5 3600Xからの変遷していく中で、軽くベンチマークを取得しました。Ryzen Masterで自動チューニングした状態です。5%の性能を稼ぐために何日も掛けてチューニングして、結果ちょと不安定です。。。とかアホらしいので、自動チューニングだけ十分です。
使用したベンチーマークソフトは、FF15ベンチ(高品質)とCINEBENCH R23です。変更点は赤字記載。

・Ryzen5 3600X + DDR4 3200 + RTX 3050
  FF15:6850
  CINEBENCH:Multi 9505 / Single 1283

・Ryzen5 3600X + DDR4 3600 + RTX 3050
  FF15:6872
  CINEBENCH:Multi 9525 / Single 1285

・Ryzen7 5800X + DDR4 3200 + RTX 3050
  FF15:6868
  CINEBENCH:Multi 15037 / Single 1570

・Ryzen7 5800X + DDR4 3600 + RX 6750XT
  FF15:12750
  CINEBENCH:Multi 15286 / Single 1591

 CINEBENCHはメモリクロックの影響は殆ど受けない様で、3200MHzと3600MHzではスコアにほとんど違いがありません。ベンチマークに使用するプログラムやデータが、CPU上のキャッシュに乗り切ってしまって、メモリにアクセスしないのかも知れません。

Ryzen7 5800Xの簡易水冷化について

 本機の冷却は、ENERMAXの360mm簡易水冷キット「LIQMAX III ARGB White」(ELC-LMT360-W-ARGB)を前面配置、全面吸気として取り付けています。また、天面と背面にケース付属(コルセア4000D)の120mmファンを1基ずつ搭載しています。


 この構成で、CINEBENCH R23実行時のCPU温度は、最大82℃でした。Ryzen7 5800Xの仕様上の最大温度は90℃なので、問題なく冷やせていると思います。人によっては80℃台だと高温と思うかもしれませんが、仕様上の最大温度以下かつ、サーマルスロットリングも発生していないので、必要十分でしょう。

 Ryzen7 5800Xは最大温度が90℃にも関わらず、温度が上がりやすい様なので、ちょっと扱いが難しいかもしれません。最大温度が100℃であれば、印象が異なると思いますが、90℃だと空冷では厳しそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました