アルテッツァの造り方

最近ロードバイクとCitrixXenAppネタばかり

ビンディングシューズの修理

もう3年くらい使っているDIADRAのビンディングシューズの底が剥がれてきたので修理してみました

なんか最近歩きやすいなぁと思っていたのですが、よく見ると靴底のビンディングを取り付ける部分がごっそり剥がれていました

べろーん

今までにも剥がれかけていた事があり何度が接着剤で張り付けなおしていたのですが、今回はかかとの大部分が剥がれる事態になっていました。
という事で本格的に補修します。

靴の修理で使う接着剤と言えばコレ!!
コニシボンドのG17
なんといっても使いやすく接着力も超強力で、かつ値段が安い

amazonでも売っていますが量が多く一般的なご家庭だと使う頃には口が乾いてガチコチになることが良くあるので、ホームセンターで売っている20mlタイプが使いやすいです。100円くらいですし。

しかしG17で上手くくっつかない!という方も多いはず。それ、貼り合わせるタイミングが早すぎるのです。

まずはしっかり清掃

まずは貼り合わせる面を綺麗にします。
残っている接着剤を綺麗に取り除き、アルコールやシンナー等で良く脱脂します。油分が残っていると接着力が弱くなります。
頑張って綺麗にしました↓

両面に薄く塗る

綺麗になった接着面の両面に薄く塗り伸ばします
あまり綺麗に塗り伸ばせませんでした・・・
「薄く」という部分に気を取られ、接着剤が不足している部分があります。薄くかつ「均一に」というのも意識して塗ってください。

待って張り合わせ

ここが重要です!!
張り合わせる前にしばらく乾燥させます。接着剤がベタベタしない程度に・・・というか「もう乾ききってるんじゃないか!」というくらい乾かします。
今回の貼り合わせるまでに20分以上放置しました(夏季)

張り合わせ後は十分に圧力を掛けます。
今回は靴底の張り合わせなので、靴を履いた状態で10分くらい圧を掛け続けました。

これで綺麗に貼り付けできました。

だいたいこの手の接着で失敗するのは「乾燥時間が短すぎる」「圧力が足りない」の2点ではないでしょうか。
これに気を付けて張り合わせれば超強力に接着できます。

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです♪ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

-DIY, 自転車